週報
第1307回例会
2014年6月17日(火) 12:30~

★6月度プログラム

6月3日 (火) “水島再生”21世紀のコンビナートづくり  元NHK放送記者  難波祐一 氏
6月10日 (火) 新会員自己紹介  綱島 勲 会員・中山田 英樹 会員
6月17日 (火) 一年振り返って  斎藤 俊昭 会長・西 庸介 幹事
6月24日 (火) 年度末夜間例会  ホテル日航倉敷(18:30~)

★前回(1306回)の記録(6月10日)

会員総数39名(内出席免除者6名)  出席者29名(内免除者3名)
会員総数 39名(内出席免除者6名)  出席者 (内免除者3名)

★ビジター・ゲスト

倉敷南RC:池上正次期G補佐  萩原会員

★会長挨拶

・私の方からは特にはございませんが、本日は次期G補佐の池上様にお越しいただいておりますのでご挨拶を頂きたいと思っております。

★池上正ガバナー補佐 挨拶

・本日は第1回目のG補佐クラブ訪問です。G補佐は年間4回のクラブ訪問をすることになっています。2回目はクラブアッセンブリーとして8月5日に訪問を致します。倉敷瀬戸内RCの松本GEの公式訪問は8月19日です。RIテーマは「ロータリーに輝きを」、地区スローガンは「笑顔でSERVICE」です。それを踏まえたうえで、松本GEをしっかりとお迎えして頂きたいと思います。

・G補佐は国際大会参加推進委員長に任命されます。次年度の国際大会はサンパウロです。是非ともご参加頂ければと思っております。

・IMは倉敷南RCがホストクラブとして3月15日にアイビースクエアにて開催予定です。
一年間どうぞよろしくお願い致します。

★幹事報告

・先週はお休みをしてしまい申し訳ございませんでした。また、本日は池上次期G補佐様、クラブ訪問有難うございます。

・倉敷市より人権問題講演会のチラシが届いております。事務局で保管しておりますので興味のある方はお声がけください。

★スマイル(ニコニコ)

原会員;6月1日から弊社がなんとか第18期に入りました。今期も頑張ろうと思います。有難うございました。

★プログラム 卓話

新会員自己紹介

綱島 勲 会員

・本日は私の現在までのことと、未来の意気込みをお話させていただこうと思っています。1978年8月20日に倉敷市内で誕生いたしました。父と母は「綱島防水工業」という塗装の会社を経営しており、職人の家に生まれました。幼少期にはとてもやんちゃな子供でした。小さな頃から職人さんに囲まれて育ちました。9歳の時に母方の祖父母と一緒に生活することになり、岡山市へ移り住みました。そこでの沢山の友人に恵まれ沢山の出会いがありました。現在の仕事仲間にはこの頃に出会った友人がたくさんいます。

・その後、岡山市内にある塗装屋へ就職をして、技術や仕事に対する心構えなどを学びました。その後「ひまわり住宅」として独立いたしました。社名に塗装とせず住宅と名付けたのは①父の会社を将来的に継ぎたい②建物を一から作っていく会社を作りたいと言う志で付けた名前です。幼馴染の友人と熱く語りあい、富士山へ登頂し、「将来は必ず一緒に仕事をしよう」と約束もしました。

・私の会社は順調に仕事が増えていき、それに伴い従業員も増えました。塗装だけではなくリホーム工事も手掛けるようになりました。会社の中でリホーム部と塗装部とが出来、独立して10年ほど経った時に壁にぶつかり父に相談をしました。父が持っている技術を、私の会社の従業員に教えてもらうことになりました。事務所の土地を芦原社長に分けて頂き、加須山にて2つの看板を掲げ、新たなスタートを切りました。父を含め、毎日ベテランの職人さんと顔を合わせ、私たち若者がたくさん学べる環境があります。父は大きな傘のような存在で私は安心して好きなように会社をさせてもらっていると感じています。

・2社が移転し三年が経ち、私は夢を語りあった友人を次々と迎えに行っています。今では20代、30代の若者が大半を占めています。私は大先輩の職人さんに育ててもらいましたし、これからも一緒に仕事ができるのが楽しみです。これからも一人でも多くの職人さんに関わり、響きあい、職人の輝けるステージを作り、みんなでいいものを作っていくのが私の使命であり夢であります。

・倉敷瀬戸内ロータリークラブへ入会させて頂き本当に良かったなと感じております。これから一つずつ学んで、勉強していき今後の未来へつなげていきたいと思っています。これからもよろしくお願いいたします。

中山田 英樹会員

・変わった名字だとよく言われますが、父親が大分県の出身でして父の田舎には同じ名字の家がたくさんあります。現在、私は「エス土地調査企画」と言う会社を経営していますが、イニシャルでもない「エス(es)」と言う言葉の意味合いは何ですか?とよく聞かれます。“everyday smiling”(いつでも笑顔で)“everything support”(なんでもお手伝い)と言う信念を社名として採用しました。

・高校は天城高校へ進学、大学へは岡山大学の2部へ何とか進学をし、昼間には仕事をして夜に大学に通う生活をしていました。

・私の人生において大きく運命を変えることになる出会いがこの頃にありました。それがこのクラブの先輩でもある髙島賢二先生との出会いです。ご縁がありまして髙島先生にお声掛け頂き、一緒にお仕事をさせて頂くようになりました。今思えば18,19歳の頃に年上の海千山千の不動産屋さんを相手によくやったなと今更ながら感じております。髙島先生からは2つの大きなことを教えて頂いたと思っております。①仕事とは教えてもらうものではなく覚えるものである②お酒の飲み方です。5年ほど髙島先生の所でお世話になった後、別の不動産屋で3年ほど勤め、その後26歳のとき現在の「エス土地開発企画」として独立いたしました。

・右左も分からないまま独立をして当然、苦労もたくさん致しました。いいことよりも、辛い思い出の方が多いのかなと感じております。そんな中で色んな方とご縁があり、ふれあいがありここまでやってこられたのだと思っています。平成18年に現在の事務所を移しましたが、本当に苦しい時でした。そんな時代に芦原社長から一言かけて頂いた言葉が本当に温かく、自分自身に喝を入れる事ができたと思っています。今年の9月に16周年を迎えます。振り返れば人に支えて貰っての今までで、有難いと改めて感じております。

・私生活では29歳の時に結婚し、現在は長女・長男に恵まれまして楽しく暮らしております。妻は非常にしっかした大きな器を持った人で私のことをしっかりと支えてくれていて感謝しています。現在、創宅でマイホームの建設を着々と進めて頂いており、家族で楽しみにしていますし、家族に感謝の気持ちを伝えられるかなと思っています。

・私自身、受け身的なところがありまして積極的に皆様にお声掛けが出来る方ではないのですが、このクラブに入会をさせて頂き、ご縁を頂いたこの中で人としてもっともっと勉強をさせていただこうと思っています。色んな形で皆様に貢献が出来るそんな人間になりたいと思っています。これからも末永くよろしくお願いいたします。

★近郊RC例会変更

倉敷南RC 6月20日(金) → 変更 18日(水)新旧引継夜間例会の為
倉敷水島RC 6月18日(水) → 取止め 定款第6条第1節による
6月25日(水) → 変更 同日 年度末夜間例会の為
児島東RC 6月23日(月) → 変更 同日 年度末夜間例会の為
6月30日(月) → 取止め 定款第6条第1節による
岡山備南RC 6月25日(水) → 変更 同日 年度末親睦夜間例会の為
倉敷中央RC 6月30日(月) → 取止め 定款第6条第1節による
6月24日(火) → 取止め 定款第6条第1節による
倉敷東RC 6月30日(月) → 取止め 定款第6条第1節による

戻る


四つのテスト

真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問

(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved