倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1260回例会 2013年6月11日(火)12:30〜


★6月度プログラム 
6月4日 (火)

学友会の活動とこれからの展望  米山学友会 会長 梁 栄友 氏

6月11日 (火) 一年を振り返って  長谷川寛 クラブ奉仕委員長
          丸尾重仁 職業奉仕委員長
          原田一郎 社会奉仕委員長
          大熊清文 国際奉仕委員長
          山田 斉 R財団委員長
6月18日 (火)

一年を振り返って  池上仁海 会長
          吉田衛生 幹事
          香川俊一 ガバナー補佐

6月25日 (火) 夜間例会  ホテル日航倉敷(18:30〜)

★前回の記録(6月4日)
会員総数35名(内出席免除者6名)  出席者27名(内免除者4名)
出席率81.82%  make-up後出席率(5月21日分)94.29%

★ビジター
倉 敷;長谷川君.三宅君.大野君

★会長挨拶

 皆さん、こんにちは!梅雨入りしたというのに、雨もなく体調には皆様十分お気を付け頂きたいと思います。昨日の山陽新聞夕刊に、中野会員の事が掲載されていますので、ご覧頂下さい。


★幹事報告

 皆さん、こんにちは!今年度も1カ月を切りました。最後まで、頑張りたいと思います。
 ・例会終了後、理事・役員会開催。
 ・6月最後の例会(6月25日)は、夜間例会と致します。盛大にご苦労様例会と致しますので、多数のご出
  席をお願い致します。


★各委員会報告

◎親睦活動委員会(森岡委員長)
 <6月度記念日発表> 創立記念日;山田(1日)・日下(2日)・池上(27日)
            結婚記念日;綿谷(5日)・斎藤(6日)・丸山(20日)
                  芦原(30日)
            本人誕生日;なし
            家族誕生日;斎藤 ご夫人 信子様(1日)
                  西  ご夫人 香子様(13日)
                  板野 ご令嬢 陽子様(28日)
 ・今年度、最後の夜間例会を6月25日(火)、18:30〜開催致します。多数の皆様のご出席を宜しくお願い
  致します。尚、決算の都合上、お支払いは当日お願い致します。


★スマイル(ニコニコ)
中桐; 芥川賞の選考委員の小川洋子さんが、久しぶりに本を出したのでお祝いの手紙を出したら、ため書きをしたその本を届けてくれました。私のいとこの娘です。
日下; 6月2日に、倉敷中央病院創立90周年を迎えました。今年4月に財団法人が公益財団法人 大原記念 倉敷中央病院機構 倉敷中央病院と名称が変わりました。名称は変わりましたが、伝統を引き継ぎ、医療に貢献して参ります。私も、40年余り病院と共に歩んで来ました。有難い事です。
斎藤; 6月1日、妻の誕生日に豪華なお花を有難うございました。何とか面目が保てました。

★プログラム
「学友会の活動とこれからの展望」  <米山学友会 会長 梁 栄友 氏>
 

 皆さん、こんにちは!本日は、貴重な時間を頂きまして倉敷瀬戸内RCの皆様にお話しが出来て、心から感謝し、学友会を代表して御礼を申し上げます。今、地区の学友会という事で現在名簿上には120名程の学友会の者がいますが、第2690地区は他の地区と違いまして、広い面積を持っています。
 3つの県に残っている者は少ないです。卒業されたら大阪、東京に就職したり、国に帰ったりで20人弱の学友会です。元々、学友会というのは、元米山奨学生、並びに圏域奨学生がロータリアンとの交流を深め、ロータリーの思想とする国際交流と親善世界平和の維持に貢献する事が、主な目的です。日本国内には34の学友会があります。海外には、中国・韓国・台湾・去年4月からはタイにも創立されました。第2690地区の学友会は2005年11月に承認され、今8年目を迎えております。毎年20人位の卒業生がおりますが、残っている者は大変少ないです。3年前の伊藤ガバナーの時に、学友会を2690地区にアピールしたいと、ご支援ご指導を頂きながら活動したいという事で、67クラブに手紙を出させて頂きました。今日まで24RCを回らせて頂きました。
 世界で唯一年間800人以上の奨学生に与える国は、日本しかありません。元々、奨学金はアジアから来られて奨学生に対して与えようという事で、始まりましたが、今はヨーロッパやアメリカといった色んな国からの留学生に奨学金を与えています。今年も2690地区には、新しい奨学生があり、5月に新入生の歓迎会も、倉敷国際ホテルで開催されました。私は、韓国の総会に2度お招きを頂きました。韓国は、一つしかありません。日本のように各地区に一つずつあるのではなく、全国に一つです。これからも、皆様の献金と暖かいご支援を頂きたく、お願い致します。
  各クラブ訪問致しますと、「お世話をした奨学生と連絡が取れない。寂しいです。」と言われます。月1回の奨学金を貰う為に例会に出席し、食事を頂き帰って、これが1年2年続くだけでは、なかなかロータリアンとの交わりがありません。日本に来られている留学生は、大変優秀な方が多いです。これからも、続けて67クラブ回れるように頑張りたいと思っています。
 お金だけではなく、人材を抑制出来る、彼らが国に帰っても、ロータリアンの恵みと恩恵を忘れる事なく、連絡が取れるのではないかと思っています。


★近郊RC例会変更
玉 島 6月26日(水)→定款第6条第1節により取止め
倉敷東 6月24日(月)→    〃     〃
戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.