倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1241回例会 2013年1月22日(火)12:30〜


★1月度プログラム 
1月1日 (火)

休会  元旦(国民の休日)

1月8日 (火) 年頭に当たって  池上 会長・吉田 幹事
1月15日 (火)

備前焼の歴史と特徴  倉敷一陽窯  木村道大 氏

1月22日 (火) ポリオのお話  岡山備南RC 会長 笛木久雄 氏
1月29日 (火) ロータリーと私  中桐眞彦 パスト会長

★前回の記録(1月15日)
会員総数34名(内出席免除者6名)  出席者24名(内免除者4名)
出席率75.00%

★会長挨拶

 皆さん、こんにちは!本日は報告事項はありませんが、後半期、会員増強に頑張って参りたいと思います。


★幹事報告

・2月16・17日の親睦旅行の件ですが、配布致しました通り値段はJR代・食事代等全て含んだ値段ですの
 で、ご家族お誘い合わせご参加頂きたいと思います。


★各種委員会報告

◎親睦活動委員会
<1月度記念日発表>
   創立記念日;長谷川(1日)・高島(1日)
   結婚記念日;小野(保)(14日)
   本人誕生日;長谷川(1日)・大熊(20日)・斎藤(20日)・板野(31日)
   家族誕生日;中桐 ご夫人 喜陽子様(4日)
         大熊 ご夫人 尚美様 (10日)
◎R情報委員会
  2月4日(月)18:30〜駄々に於いてファイヤーサイドミーティング開催
  パスト会長・入会5年未満の方に限らず、皆様方ご出席下さい。


★スマイル(ニコニコ)
原田; 1月13日(日)成人式に子供が参加致しました。雨の予報が曇りで助かりました。残念乍ら着物姿はまだ見ておりません。写真が楽しみです。
板野; 1月13日(日)アイビースクエアにて、第5回倉敷商業高校バスケット部OB会があり、とても楽しい時間を過ごしました。感謝!
会員一同; 本日は、一陽窯の木村様をお迎え出来た事に感謝致します。お父様に続き是非ご入会を、会員一同お待ち致しております。

★プログラム
備前焼の歴史と特徴 <倉敷一陽窯 木村道大 氏>
 

 <ご紹介>倉敷一陽窯さんは、25年程前に倉敷に来られたとお聞きしております。その時にお父さんが我がクラブに入られておられますが、後を引き継いで頑張っていらっしゃいます。
  宜しくお願い致します。

 本日は、お呼び頂きまして有難うございます。
@備前焼の歴史・・・・12世紀〜14世紀頃に始まりました。平安時代の末期12世紀頃に備前焼が始まりました。13世紀頃迄は、備前市の伊部の北にある熊山辺りで焼かれていました。燃料のアカマツが豊富であったからだと言われtれいます。この頃の備前焼は茶褐色でなく、14世紀頃になりますと山を下り、現在の窯元が沢山ある伊部の周りに集落が出来ます。
  この頃、主な品種はすり鉢、瓶、壺等です。特にすり鉢が硬くて丈夫だという事で、備前焼の最初のヒット商品になりました。
A大窯生産と繁栄期・・・・14世紀〜16世紀頃の話になります。室町時代末期に伊部に3つ大きい窯が築かれました。全長が50m以上ある大窯です。それぞれ北大窯、南大窯、西大窯とよばれています。窯が大きくなりますと、燃料も沢山要ります。火を入れている期間は1カ月以上になります。冷ますのにも同じ期間がかかりますので、全体で2カ月以上かかります。14世紀〜16世紀の主な品種は前の時代のすり鉢、瓶、壺に加え茶等の茶碗や花入れ、水差し等々作られ始めます。
  瀬戸焼や有田焼等の釉薬を使った陶磁器が台頭して参ります。備前焼も釉薬を使ったように見せる為、形を作った後粘土が乾いた状態の上から鉄分多い粘土を薄く塗ってから焼くようになります。そうすると、釉薬を塗ったようなつるっとした綺麗な感じの備前焼になります。しかし、本来の備前焼の良さが消え、かえって事態は悪くなっていきます。
B備前焼の特徴
  先ず、釉薬を使用しないという事です。原始時代の焼き方を現代に伝える焼き方です。そもそも釉薬という役目は、強度を増したり水漏れを防止したり、絵柄を出す事です。備前の土は釉薬を使用しなくても丈夫で水が漏れません。
  大量生産は困難です。備前焼は釉薬を使用しないので、窯焚き次第で焼き色が決まります。
  非常に窯焚きが大事です。
  焼き色は、室町時代中期には完成して、現在の焼き色とほぼ同じような感じになっています。


★プログラム
<ロータリーの徽章をいつもあなたの襟に>
 

 私は日本人ビジネスマンであり、ほぼ毎日、背広を着用します。そして襟には必ずロータリーの徽章を着けています。それは、ロータリアンであることに誇りを感じているからです。ロータリーの徽章を着けていれば、どこへ行っても、誰が見ても、私がロータリアンであることは一目瞭然です。それを目にした人がロータリアンであれば、私が友人だとわかるでしょう。徽章は、ロータリアン以外の人の目にも留まります。それらの人達皆に、この徽章の意味を理解してほしいと思っています。
  そんなわけで、私は皆さんがロータリーの徽章を着け、その意味の認識を広めて下さるようにお願いしています。徽章を着ければ心構えが変わると私は信じています。言葉を選び、行動に気を配るようになるでしょう。そして何よりも、世の中の為のロータリアンであるという自覚を持つようになるでしょう。私達は常に、ロータリーについて人々に伝える用意をしておくべきです。
  誰かにロータリーの徽章のことを尋ねられたら、すぐの答えられるようにしておきましょう。ロータリーとは何ですか?ロータリーは何をする団体ですか?このような質問に対して、私達一人ひとりが明確に答えられる心構えをしておくことが大切です。会員を増やしたい、という理由だけでは、会員候補者の所へ行って、入会するよう頼むわけにはいきません。私達はその人に、ロータリーが本当に素晴らしい団体であり、ロータリークラブに入る事で、より幸せになれることを伝えなければなりません。
  ロータリーに入会するよう人に勧める事は、その人の為になる事でもあります。私達は皆、ロータリーへの入会を勧めてくれた人に感謝していると思います。私自身も、ロータリーのお陰で人生がより幸せで、実り多いものになりました。八潮ロータリークラブに入会した日が、人生に於いてそれまでとは異なった方向に歩む第一歩となった日である事は間違いありません。その日から私は、人とのつながりが更に広がり、より満足が得られ、充足感と平和に対するより深い意識を求めるようになったのです。私はいつも、この気持ちを是非他の人達に伝えたいと思っています。新会員を連れて来るのもその方法の一つです。但し、それはロータリーとその活動の認識を高める事で、又ロータリーの公共イメージに焦点を当て、日々ロータリーの徽章を着用する事でも、実践されなければならないと思います。
                                        RI会長メッセージ  田中作次 氏



戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.