倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1232回例会 2012年11月6日(火)12:30〜


★11月度プログラム 
11月6日 (火)

発展途上国の生活  池田英樹 氏

11月13日 (火) 休会  11日(日)の市民健康講座に振替
11月20日 (火)

もう一度来たい街・倉敷  倉敷観光ガイド連絡会 副会長 大塚文子 氏

11月27日 (火) 米山月間に寄せて  日下昌平 米山奨学会委員長

★前回の記録(10月30日)
会員総数35名(内出席免除者7名)  出席者24名(内免除者4名)
出席率75.00%  make-up後出席率97.14%

★ゲスト・ビジター
倉 敷;森田ガバナー.井上代表幹事.鴨井地区幹事

★会長挨拶

 皆さん、こんにちは!本日は「ガバナー公式訪問」で、森田ガバナー、井上代表幹事、鴨井地区幹事様にお越し頂きました。先程迄会長・幹事懇談会で色々ご指導を頂きまして有難うございました。又、一昨日の地区大会ご苦労様でした。
 25日(木)の相撲についてお礼をさせて頂きます。福田体育館は、4,600名収容だそうですがほぼ満席でした。のぼりの数75本、懸賞66本、そして相撲協会グッズが過去最高の売れ行きだったそうです。厚く御礼申し上げます。又、私の所に女の子が3人来てくれ「ありがとう」と言って飴玉をくれました。心暖まる瞬間でした。又、ガッツポーズをして帰られた方」もありました。大相撲で私は4,600人の前で挨拶をさせて頂きましたが、今日、言葉巧みにあやつられまして話術のマジシャンの前で緊張しております。相撲のスイッチは切りました。今日からロータリーのスイッチを入れさせて頂きます。11月11日の「市民健康講座」「桜の植樹」そして3月17日(日)の「I・M」の担当。一番大きい会員増強に、私と一緒に頑張って頂きたいと思います。


★会長報告

・日韓ロータリークラブ間 交流実態に関する調査依頼が参っております。
・第7グループクラブより、香川ガバナー補佐の「クラブ・アッセンブリー」のお礼状が参っております。


★幹事報告

・岡山備南RCの笛木会長より、次週11月6日(火)例会前、11時45分よりインフルエンザの予防注射をして下さる事になりました。これは笛木会長のご厚意で職業奉仕として無料でして下さるそうですので、宜しくお願い致します。


★各種委員会報告

◎社会奉仕委員会(原田委員長)
  11月11日(日)恒例の市民健康講座を開催致します。ポスターと往復はがきをお持ち帰り頂きお知り合いの方へお願い致します。


★スマイル(ニコニコ)
森田ガバナーより、現金スマイルを頂きました。
日下; 池上会員、芦原会員、大相撲倉敷場所が盛大に無事終わった事を、お喜び致します。ご苦労様でした。力士の迫力に圧倒されました。池上会員のご子息の行事姿も拝見しました。又、浄めの塩もかぶりました。因みに、塩の量は本場所では、1日に約45s用意されるようです。香川会員をはじめ、多数のクラブ会員のボランティア活動に「tu ku su」を思い、感銘を受けました。万歳です。
西; ;無事に結婚記念日を迎える事が出来ます。何年目だったかな?今年は長男も誕生して嬉しい限りです。感謝!
会員一同; 本日、公式訪問例会に森田ガバナー、井上代表幹事、鴨井地区幹事様をお迎え出来ました事に感謝致します。又、28日(日)には素晴らしい地区大会をして頂きまして有難うございました。感謝致します。

★プログラム
 
 

 皆さん、こんにちは!本年度ガバナーを致しております森田でございます。当クラブから、香川ガバナー補佐には大変お世話になっております。又、地区大会のは全員登録、コ・ホストとして大変有難うございました。先程、池上会長が、「言葉のマジシャン」とおっしゃいましたが、確かに井上の方は種も仕掛けもある男でして、これは確かにマジシャンに相当すると思いますけれども、私は種も仕掛けもございませんので、宜しくお願い致します。
 皆さん、ガバナーという言葉をご存知でしょうか?元々知事という意味ですが、田中作次RI会長のメッセージをお伝えする事が任務だと思っております。ガバナー研修というのが3回ございます。9月、10月、最終はアメリカのサンディエゴで1週間に亘って研修があります。全世界から500名のガバナーが来ます。配偶者が一緒に来ます。そして役員、ボランティアの方々で約1,500名の方々が閉じ込められます。色んな言語で色んな衣装をまとって、通り過ぎて行かれます。まるで人種の交差点のような感じが致します。ガバナーは全てロサンゼルスに集結致します。そこから各国のバスが出ており、2時間程海岸沿いにサンディエゴがございます。殆どメキシコとの国境です。平均気温が20℃程です。初めに田中作次RI会長が今年の抱負を述べられます。2日目に会長は、自分の年度のテーマを述べられます。“Peace Through Service”“奉仕を通じて平和を”を宣言されました。普通は、テーマを宣言されたら説明をされます。しかし、田中氏は一切されませんでした。「2690地区の森田さん、貴方のPeaceは何ですか?」とインストラクターに聞かれまして「平穏」と答えました。例えば、朝起きて女房に「おはよう」と挨拶し朝食して仕事に出て、夜は帰って晩酌をして夕食をして、お風呂に入って寝る、そういう何事もない、真っ平らな平穏な日々、それがPeaceなのだ、そういう世界を作ろうではないか、世界の人々がそういう味わえるようなサービスをしようではないか、という意味ではなかったでしょうか。とお答え致しました。作次氏は非常に無口な方でして、国際ローターの中では“侍作次”と呼ばれる方で、毅然とした方でいらっしゃいます。殆どしゃべられません。
 RIは毎年3つの戦略をたてます。今年は@クラブのサポートと強化クラブこそロータリーなのだという事です。A人道的奉仕の重点化と増加 既に必要で亡くなった奉仕もあり、これからどんどん必要になってくる奉仕もあります。きちんと区分けをしながら、効率的な奉仕をして頂きたいという事です。B公共イメージと認知度の向上 皆さんも何度か聞かれたと思いますが、「ロータリーて一体何ですか?」と言われ、どう答えられますか。おそらく明確な答えは難しいと思います。なかなか説明が出来ません。只、ロータリー財団はポリオ・プラスを勧めております。
 現在99.9%迄ポリオの絶滅に成功しております。今年は150人の人間が発症しておりますが、やがてこれが限りなくゼロになるだろうと、そういった時にロータリーはノーベル平和賞の対象になってきます。おそらく国際ロータリーは貰うだろうと言われています。そういった時に、初めてロータリーが何をやっている団体なのかが解るという事になります。
 地区標語は“tu ku su”です。少し、ちょっと日常立ち止まって考えてみましょう、そういう小さな家族に何が尽くせるか、お世話になっている地域に自分は何を返していけるか、日本人として我々は何を尽くしていけるのか、そういう事を少し考えてみてはどうでしょうか。そういう呼びかけであります。
<鴨井地区幹事> 10月13日のロングテーブル、地区大会にご協力を頂き、有難うございました。
 いつもの馴染みの方の笑顔、「頑張れよ」との声掛けを頂き、その厚意が如何に我々を勇気付られたかわかりません。お陰様で無事終了致しましたが、この大会が、どういう意味を持つのかわかるのは、森田年度が終わる頃に皆さんから評価頂く事になると思います。これからもご支援ご協力を宜しくお願い致します。有難うございました。


戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.