倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1227回例会 2012年10月2日(火)12:30〜


★10月度プログラム 
10月2日 (火)

「会員増強セミナー」報告  江口健一会員増強委員長

10月9日 (火) 介護相談員として、施設を訪問し、感じた事  石原昌子 氏
10月16日 (火)

クラブ・アッセンブリー(10:30〜)  香川俊一ガバナー補佐・各委員長

10月23日 (火) 休会  地区大会(10/28)に振替
10月30日 (火) ガバナー公式訪問  森田昭一郎ガバナー

★前回の記録(9月25日)
会員総数35名(内出席免除者7名)  出席者24名(内免除者4名)
出席率75.00%  make-up後出席率(9月18日分)91.43%

★ビジター
倉 敷;原(圭)君

★会長挨拶

なし


★幹事報告
・最近、又無断欠席が目立っております。ホテルにもご迷惑をお掛け致しますので、必ず前日迄に報告下さい。
・例会変更致します。
  10月23日(火)→10月28日(日)の地区大会に振替。
  11月13日(火)→11月11日(日)の市民健康講座に振替。

★スマイル(ニコニコ)
芦原; 先日の瀬戸内RCのコンペで、勝たせて頂きました。スコアは最低でした。
高島; 9月3日に誕生日を迎える事が出来ました。生かされている事を、しみじみ感じる年になりました。56歳です。有難うございます。
山田; 結婚記念日、何回目かは忘れましたが、ドンペリを買って二人でお祝いしましたが、呑みつけないお酒で、二人とも悪酔いしました。

★プログラム
咸臨丸と塩飽諸島  <香川俊一 ガバナー補佐>
 

 皆さん、こんにちは!10月はガバナー補佐として第7グループのRCへアッセンブリーに行かせて頂きますので、その前に当クラブで卓話をさせて頂きます。今日は、私の先祖代々の家がある塩飽諸島と咸臨丸の話をインターネットを使って、お話させて頂こうと思っています。
 瀬戸内海にある諸島です。昔は下津井港から丸亀迄、当時は1時間程かかっていました。1日3便から4便ありました。70〜80tの船で、丸亀の港で2時間程船待ちをして、そこで大衆食堂できつねうどんを食べるのが楽しみでした。そして巡航船で広島へだいたい3時間半かかって行っていました。だから、1泊していました。現在は便利になり、下津井に車で行って、釣り船で約25分で広島に着きます。昭和30年代では3,500〜3,600人の人口でしたが、今では200数十名しか住んでいないようです。私の実家のある部落は、人口が最盛期には300人位いたのですが今は60人程だそうです。生活するのが大変で、小さい八百屋の様なお店があるだけです。介護サービスは離島では使えなく、不公平の所もあります。塩飽諸島は大小28の島でなっています。


☆クラブ協議会(Club Assemblies)
 クラブのプログラムと活動について協議する為に開かれるクラブ役員、理事、委員会委員長の会合である、クラブの他の会員も出席を要請される。年度中4〜6回のクラブ協議会を開く事が推奨されている。
  @ 地区協議会の直後。(会長エレクトが主催する)
  A 7月1日後;年度計画について話し合い、年度計画を採択する。
  B 公式訪問の2週間前。
  C 公式訪問中;ガバナー補佐と地区ガバナーとクラブの現況を話し合う。
  D ロータリー年度の半ば;目標への進展状況と年度後半のクラブ・プログラムの決定。
  E 地区大会の後;クラブ計画を完了させる為のアイディアや提案について話し合う。
  クラブ協議会では、奉仕プロジェクトや活動、会員増強、退会防止、地区大会や他の会合への出席などについて話し合い、又、会員の教育の場となり、会員の奉仕活動への関心を喚起する。

☆ガバナー公式訪問(Govemors Official Visit)
 ガバナーの公式訪問は、ガバナー自身が地区内の各RCを以下のような目的をもって訪問するものと定義されている。
 ・重要なロータリーの問題に主眼を置き、関心をもたせる。
 ・弱体或いは問題のあるクラブに特別な関心を払う。
 ・ロータリアンに意欲を起こさせ、奉仕活動に参加させる。
 ・地区内に於けるロータリアン個人の卓越した業績を表彰する。
 ガバナー公式訪問は、加盟認証状伝達式、入会式、新会員のオリエンテーション・プログラム、表彰式、特別プログラム、ロータリー財団行事或いは都市連合会等、ガバナー出席の効果が最も上がるような時に行うものとする。他クラブ合同、或いは都市連合会会合に於いては、ホスト・クラブのみに限らず、全参加クラブを挙げての出席を強調すべきである。

☆職業奉仕月間(Vocation Service Month)
 RI理事会は、クラブだけでなく、各ロータリアンも職業奉仕の理想を日常実践するように、強調する為に、毎年10月を特に職業奉仕に重点を絞ったプログラムを行う「職業奉仕月間」と定めた。「職業奉仕月間」中、クラブに推奨する具体的活動には、
 @ 地区レベルの行事でロータリー・ボランティアを表彰すること。
 A ロータリー親睦活動への参加を推進すること。
 B 職業奉仕活動又はプロジェクトを提唱すること。
 C 空席の職業分類に会員を入会させる会員増強活動をすること。

☆社会奉仕活動への参加
 地域社会のニーズに対して、政府及び民間の諸団体が活動しているが、しかし、RCやロータリアンが地元地域社会に於いて効果的、且つ重複しない奉仕を引き受ける各種やりがいのある機会が依然として存在する。効果的な社会奉仕をする基礎として、RI会長は、人間尊重、地域発展、環境保全、協同奉仕の社会奉仕小委員会の委員を務めるロータリアンを任命するよう奨励されている。小委員会は次のことを行う。
  @ 地元内のそれぞれの地域の特定の相対的状況を総合的に調査、分析し、地域社会のニーズを確認
   する。
  A 地域社会のニーズを見出す為に、個人的又は職業上の立場をいかにして、クラブの区域内を探り、
   社会奉仕委員会の調査、分析を補足、強化するよう個々のクラブ会員に勧める。
  B 他の地域団体との会合を、所定の方針に合致して行う事が出来る場合、そのような会合を開き、話
   し合いと意見の交換をする。
  C 地域社会のニーズに積極的に関心を示し、これに精通している事を会員候補者選考の一要素に含
   める。RI理事会は、クラブに対して、財政的貢献ばかりでなく、「実際に汗を流すような」社会奉仕プロ
   ジェクトを開始、推進する事を奨励してきた。

戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.