倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1217回例会 2012年7月17(火)12:30〜


★7月度プログラム 
7月3日 (火)

所信表明  池上会長・吉田幹事

7月10日 (火) 所信表明  日下米山奨学会委員長・中桐職業分類委員長
      原田社会奉仕委員長・原新世代奉仕委員長
      和田出席委員長・森岡親睦活動委員長
7月17日 (火)

所信表明  長谷川クラブ奉仕委員長・三宅プログラム委員長
      江口会員増強委員長・河村R情報委員長・塚村雑誌委員長
      丸尾職業奉仕委員長・大熊国際奉仕委員長・山田R財団委員長
      大島会計・中野SAA

7月24日 (火) 鳥瞰図について  画家  岡本直樹 氏
7月31日 (火) 夜間例会(歓迎会)  18:30〜

★前回の記録(7月10日)
会員総数35名(内出席免除者8名)  出席者22名(内免除者5名)
出席率68.75%  make-up後出席率(6月26日) 91.89%

★ビジター
倉 敷;虫明君
倉敷南;原君.永井君
倉敷東;佐々木君

★会長挨拶(池上会長)
 皆さん、今日は!先程、吉田幹事と記者会見して参りました。大相撲倉敷場所のポスターも出来上がりました。そして、市民の方々にも目や耳に入る事でしょう。RCの事業ではありませんが、どうかご協力を宜しくお願い致します。
  又、明日親クラブであります岡山備南RCへ、幹事と表敬訪問させて頂きます。

★幹事報告(吉田幹事)
・今日は!森本ガバナーエレクト事務所開設のご案内が参っております。
・大高夏祭りご協賛のお願いが参っております。
・例会終了後、臨時理事会開催致します。

☆貝原会員退会ご挨拶
 皆さん、6月をもちまして退会させて頂く事になりました。会社も忙しくなかなか例会出席が出来なくなりまして、申し訳ございません。どうぞ、倉敷瀬戸内RCの益々のご発展をお祈り致します。有難うございました。

★スマイル(ニコニコ)
芦原; 7月1日、65歳の誕生日でした。幸せです。
原; 先々週の夜間例会の前夜祭として、街に出た折に「焼酎」のロックを飲み過ぎ、足に来て転んでしまい、その時に顎と鼻の下を擦り傷負傷致しました。が、日頃の行いが良いのか、無事完治致しました。皆様、気をつけましょう。
森岡; 先日は、妻の誕生日に素敵なお花を有難うございました。大変喜んでおりました。

★プログラム
所信表明  <日下 米山奨学会委員長>
 

 今年度、米山奨学会委員長という事で宜しくお願い致します。米山奨学会の事業は、日本のロータリーとロータリアンにとって、世界に誇るべき国際奉仕プログラムです。米山梅吉氏の功績をたたえる為、1962年に東京RCによって始められました。日本独自の奨学金制度で、現在は公益財団法人となっています。日本全国の寄付金を財源として、運営されています。国内では民間の最大の奨学事業となっています。事業の目的は、将来留学生の母国と日本の架け橋となって、国際社会で活躍する優秀な学生達を支援する事です。輝かしい伝統と業績を継続して、発展させる為に米山奨学金の意義について、クラブ会員の理解が一層深まるように努めます。異国の文化や習慣を知る為に、10月の米山月間には、世話クラブカウンセラーのご協力を得て、留学生の卓話をお願いしたいと思います。

  <中桐職業分類委員長>
    職業分類別の組織は、RCの規則であります。均衡の取れた会員組織を図りたいと思っています。そして、職業分類に拘わる問題が出た場合は、理事会に諮り善処して行きたいと思っています。未充填の職業につきまして、職業分類の原則に則った会員の入会を諮る為に会員増強退会防止・会員選考委員会等と共に、会員増強に寄与して参りたいと思います。
  <原田 社会奉仕委員長>
   ロータリーの社会奉仕とは、ロータリアン一人ひとりの個人生活、事業生活、社会生活に奉仕の理想を適用する事を奨励・育成する事です。社会奉仕は、ロータリアン一人ひとりが超我の奉仕を実証する機会です。地域に住む人々の生活質を高め、公共の為に奉仕する事が全てのロータリアンの個人にとってもRCにとっても、献身に値する事であり、社会的責務であります。この事を踏まえ @桜の植樹を職業奉仕委員会と協力して、会員全員参加を目指します。 Aライラプログラム参加を新世代奉仕委員会と協力して推進します。 B27回目を迎える市民健康講座を計画します。 C環境問題について取組みます。
  <原 新世代奉仕委員長>
   私達、ロータリアンとしての役割の中で、地域の将来を担うのは14歳からの若人だと思います。そういう世代の方達に対して、責務があります。新しい世代の人達に、社会に役立つように理解して頂けるように、何か案を出して行きたいと思います。当クラブに何が出来るのか、委員会で話し合いたいと思います。
  <和田 出席委員長>
   出席というのは、三大義務の中の一つであるそうです。出席率は、そのクラブの活力を示すバロメーターの一つであると言われています。皆さんのご協力がなくては出来ませんが、出来るだけホームクラブの出席率向上に努力をして行きたいと思います。諸行事への積極的な参加により、他クラブの方々との親睦を深めて多くの事を学びたいと思います。
  <森岡 親睦活動委員長>
   本年度、親睦活動委員長を務めさせて頂きます。親睦委員会は、皆さんに笑顔で帰って頂けるように企画させて頂きたいと思います。皆さんと会員相互の交流を深められるよう努力して参りたいと思います。本人誕生日は記念品贈呈。家族誕生日はお花がご自宅に届きます。
  創立記念日と結婚記念日は、発表のみとさせて頂きます。家族忘年会もアトラクション等々考えて盛り上がって頂けるように計画したいと思います。合同例会は、今年度は岡山備南RCへ行かせて頂くようになっていますので、多数のご参加をお願い致します。又、親睦旅行は東京方面に2泊3日で予定したいと思います。和気あいあいとした旅行になればと思っていますので、宜しくお願い致します。来週の例会前に(11時半)親睦委員会を行いたいと思いますので、宜しくお願い致します。

戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.