倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1213回例会 2012年6月19日(火)12:30〜


★6月度プログラム 
6月5日 (火)

撮影の基礎知識(U)  (有)ナカイ・代表取締役 中井 登 氏

6月12日 (火) 一年を振り返って  原職業奉仕委員長・丸尾社会奉仕委員長
          高島プログラム委員長・香川次期ガバナー補佐
6月19日 (火)

一年を振り返って  河村会長・佐々木幹事

6月26日 (火) 夜間例会  ホテル日航倉敷(18:30〜)

★前回の記録(6月12日)
会員総数37名(内出席免除者8名)  出席者26名(内免除者5名)
出席率76.47%  make-up後出席率(6月5日分)91.89%

★ビジター
倉 敷;中村君  倉敷南;萩原君

★会長挨拶
 皆さん、今日は!今期も今月で終わろうとしております。連絡事項も無く、後は6月28日(木)の新旧会長幹事会だけになりました。26日(火)最後の週は、夜間例会で皆様方の親睦を図って頂きたいと思います。

★幹事報告
なし

★スマイル(ニコニコ)
中桐; 私達のクラブが創立10周年を迎えた時、記念講演に来て下さった熊本学園大学の原田正純先生が、昨夜亡くなられました。謹んでご冥福をお祈り致します。

★プログラム
一年を振り返って!  <原 弘道 職業奉仕委員長>
 

 一年間、職業奉仕委員会に携わらせて頂き、有難うございました。大きい事は出来なかったのですが、去年の9月に「あいおいニッセイ同和」の奥薗さんにお世話になり、職場例会をさせて頂く事が出来ました。青少年の育成に関する職場を通じて、地域の皆様に何か発信をして行きたいと思っていたのですが、残念ながらそれは出来なかったのが残念です。RCに入会して数年経ちますが、会社の中に「四つのテスト」を貼らせて頂き、先ず自分から、そして社員にも少しずつ理解をして頂いております。そして、地域の皆様方に貢献して行きたいと思います。先日「ロータリーの友」を読んだ時に、ロータリーの中で奉仕は施しだという解釈の方もあったようですが、施しではなくて地域の皆様の支援をして行くとか、貢献をして行くという事のようです。職業奉仕を通じまして、地域にも役立って行けるよう頑張って参りたいと思います。有難うございました。

  <丸尾 重仁 社会奉仕委員長>
   社会奉仕委員長として、1年間有難うございました。11月の「市民健康講座」と3月の「桜の植樹」です。「市民健康講座」も慣れないという事もあって、指導が遅くて申し訳ありませんでした。講師の先生の段取りも、日下先生と山田先生にご相談致しまして、開催日がなかなか決まらず、大変でした。会場もパネルのセッティングやマイクの調整とか、なかなかスムーズにいかず申し訳なくお詫び致します。次期の委員長には、しっかり申し送りしたいと思います。「桜の植樹」も、私は3月が確定申告で忙しいものですから、一度も参加した事がなく、場所も解らない状態でした。当日雨模様で足元も悪かったのですが、地元の子供さん達が大勢来て下さったり、市長が遅ればせながら、香川会員や塚村会員にもずーっとお世話になり、本当に有難うございます。もう同じ所には植樹出来ない程いっぱいの状態だそうですが、長い年月の間には枯れる木もありますので、補充をしていくようなやり方になるのかなと思います。後何年かすれば、見事に咲き乱れるでしょうから楽しみです。何とか、無事に滞りなく行う事が出来、皆様方に感謝申し上げます。
  <高島 賢二 プログラム委員長>
   プログラム委員長として、皆様方にお世話になりながら、何とか責任を果たす事ができました。この度で2回目のプログラム委員長を頂きました。1回目は10年以上前の事で、何も解らずがむしゃらにやりながら、思う様にいきませんでした。2回目は何とかなるかなとお引き受け致しましたが、月を負う毎にネタ不足になり、深刻の状況になり、走り回るしかないと皆様方にお願いした次第です。
 ご苦労を共にして頂いた皆様方には、本当にお世話になりました。
  <香川 俊一 次期ガバナー補佐>
   次年度のガバナー補佐という事で、先週から各クラブへご挨拶に伺っております。児島RC・児島東RC・倉敷東RC・倉敷中央RCと行かせて頂きました。明日13日は倉敷水島RC・14日は倉敷RC・15日は倉敷南RCで終わります。早速7月3日は児島RCのクラブ・アッセンブリーです。前もっての挨拶が大切だなと痛感したのは、クラブ毎に例会のやり方が違います。
 ガバナー補佐がIMを主催するという事ですが、これは日本のロータリーだけの、独自のやり方だそうですが、来年の3月17日(日)、アイビースクエアにて、講師は中山会員の紹介で江本氏に決まりました。色んな人生を歩まれた人なので、おもしろい話が聞けるのではと思っています。それだけではいけませんので、来期は会員増強というテーマでもありますので、それに関する事を考えてみたいと思います。IMは、私共クラブが担当ですので、是非共全員参加でお願い致します。次年度は倉敷RCよりのガバナーですので、地区大会もあります。ご協力を宜しくお願い致します。
 又、池上次期会長が主催の、大相撲倉敷場所が10月25日(木)にあります。水島福田公園に於いて4000名収容する場所がありますので、是非共成功させたいと思います。

☆クラブ奉仕(Dlub Service)
   ロータリーの第1部門。ロータリアンが、クラブを円滑に機能させる為に行う、次のような行為をいう。
 即ち、クラブ会合に出席する事、クラブの親睦に加わる事、クラブのプログラムに参加する事、委員になる事、理事を務める事、会費を払う事、クラブ外の活動に於いてクラブを代表する事。例えば他のRCで講演したり、都市連合会、地区協議会、地区大会、リーダーシップ・フォーラムに出席したり、新クラブの設立に当たって自分のクラブを代表したりする事。

☆職業奉仕(Vocational Service)
   ロータリーの第2奉仕部門。その目的には、事業及び専門職務の道徳的水準を高め、あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で、奉仕の理想を生かしていく事が含まれる。クラブの役割としては、クラブ会員の手腕を生かして、社会のニーズに応えられるようなプロジェクトを開発する事が含まれる。又、ロータリーの原則に沿って、自らと自分の職業を律し、併せてクラブが開発したプロジェクトに応える事が含まれる。

☆社会奉仕(Community Service)
   ロータリアン全てがその個人生活、事業生活及び社会生活に常に奉仕の理想を適用する事。
  ロータリーの第3奉仕部門。クラブの所在地域又は行政区域内に居住する人々の文化的生活環境基準を向上させる為に、時には、他団体と提携して、ロータリアンが行う各種活動。

☆国際奉仕(Intemational Service)
   ロータリーの第4奉仕部門。ロータリアンが、国際理解、親善、平和を推進する為に、実施出来る事全てから成る。その方法は他国の人々、その文化、慣習、実績、抱負、問題をしる事であり、又旅行や国際大会出席による個人交流であり、読書や文通であり、更に他国の人々の役に立つクラブの活動やプロジェクト全て(R財団を含む)に協力する事である。






戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.