倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1208回例会 2012年5月15日(火)12:30〜


★5月度プログラム 
5月1日 (火)

定款第6条第1節により取り止め

5月8日 (火) 新会員自己紹介  板野姿子 会員
5月15日 (火)

「地区協議会」報告  長谷川寛 次期クラブ奉仕委員長
           原田一郎 次期社会奉仕委員長
           原 弘道 次期新世代奉仕委員長
           山田 斉 次期R財団委員長

5月22日 (火) 倉敷今昔物語  元NHK記者  難波祐一 氏
5月29日 (火) 「ライラ」報告  下原福子 国際奉仕委員長

★前回の記録(5月8日)
会員総数37名(内出席免除者8名)  出席者24名(内免除者6名)
出席率68.57%  make-up後出席率89.19%

★ビジター
倉敷南;萩原君.和田君

★会長挨拶
 皆さん、今日は!ゴールデンウイークは如何でしたか!倉敷はどこも大勢の観光客で混雑しておりましたが、我がクラブは2日(火)は休会でして、高梁のパインツリーゴルフクラブに於いて同好会のコンペでした。江口会員、お世話になり有難うございました。

★幹事報告
 例会終了後、理事会を開催致します。

★各委員会報告
◎親睦活動委員会
<5月度記念日> 創立記念日・・・・大島・中島
         本人誕生日・・・・河村・大島・吉田
         結婚記念日・・・・江口・香川
         家族誕生日・・・・芦原 夫人(節子様)
                  小野(寛)夫人(久美子様)
                  高島 夫人(保子様)

★スマイル(ニコニコ)
河村; 今月2日、満52歳の誕生日を迎えました。多くの方々よりお祝いを頂き感謝、感謝です。後、2ヶ月全力で頑張ります。
大島; 5月は私の誕生日と創立記念日です。

★プログラム
新会員自己紹介  <板野姿子 会員>
 

 4月3日より、当クラブへ入会させて頂きました板野姿子です。昭和31年1月31日、旧市役所の近くの住吉町で生まれました。2人の姉と弟1人がいます。時々、私の名前を見た時に、次の女と書くので次女ですか?と言われていました。
 西小学校では水泳をしていました。西中学校と倉敷商業高校ではバスケットボール部に所属していました。性格は、白黒はっきりさせないと気がすまないタイプのようです。体調は腰痛を持っています。すべり症という病気です。腰椎の4番が身体の中の方に7ミリずれていて、痛みがあったりしますが、4年程前に治療をして、完治はしていませんが痛み等殆どなくなりました。
 子供は3人います。長女は34歳になりました。長男は32歳です。次男29歳です。
 仕事は(有)カン企画と言います。ヘルパーステーション花と言う名前で介護保険の在宅支援障害者の自立支援で移送タクシーをやっています。正社員は私を含めて2人しかいません。後は、登録ヘルパーさんです。55歳以上の人が8名、30代の人が2名です。登録というのはパートさんと違い、仕事がある時にその仕事をして頂くという制度です。今、介護保険の方では、お年寄りの食事を作ったり、掃除をしたり、買い物に行ったり、オムツを交換したり、身体を拭いてあげたりの仕事です。障害者の支援は幅が広くて、身体障害の方、知的障害の方、今は精神的疾患の方もあります。精神的疾患の方は薬のコントロールがとても大事なので、ヘルパーが対応出来ない場合はお断りさせて頂いています。今、私が面白いと感じている支援をご紹介します。
 お母さんが亡くなられた知的障害のお子さんですが、毎週児島から倉敷迄出て来て、一緒にイオンやハートランドのお祭りを見に行ったりする支援をしています。又、学生を支援する機関があり、そこから17歳の男の子ですが、お母さんが亡くなられて自閉症で引きこもりで、お父さんから「何とか外に連れ出して欲しい」という依頼を受けました。食事をする時だけは、何とか付いて出るらしいのです。という事で昼食と学校の給食で外に出さなくてはと思い、先ずは自転車に乗ってジョイフルやマクドナルド等の本人が希望する所に行きました。2ヶ月程して、お父さんの了解を頂きタクシーで学校訪問し、給食を食べるという事から始めました。徐々にクラスへ入り皆んな一緒に給食を食べるようにしました。最後、修学旅行にも飛行機に乗ってディズニーランドにも行く事が出来たようです。又、今は突然お母さんの目が見えなくなった親子2人暮らしの家にも行っています。
 RCに入らせて頂いたきっかけは、大熊会員からお誘いを頂いたのですが、残りの人生を自分の為に時間を使って勉強したり、自分とは違った価値観の方々との交流で、良い刺激を受ける中でもう少し人間として成長したいなと思って、入らせて頂きました。どうぞ、宜しくお願い致します。


クラブでの役割を持つ
 

 全てのRCに所属する全てのロータリアンは、各々が単に必要とされているだけではなく、頼りにされているという事を知るべきです。一人ひとりのロータリアンが、クラブでの役割を持つべきです。
 結局のところ、私達は何故ロータリーにいるのでしょうか。私達は良い方向に変化をもたらす為にここにいるのです。そうです。私達は、ロータリーの奉仕を楽しんでいます。しかし、私達はそれだけの理由で、いつもいつもロータリーを優先させる事は出来ません。自分達が影響を与える事が出来る生活を改善する事が出来る、という認識を持つ事が、他の仕事よりロータリーの活動を優先させる事に繋がります。他人を助ける新しい方法を見つける事、そして私達が出来る限り、全ての良い変化をもたらす為に − どんなに長くロータリーに在籍していようとも、私達全てが常にロータリアンとして成長するように、努めなければいけない理由がここにあります。
 この為にも、それ以外の為にも、ロータリーの奉仕を価値あるものにするのです。


奉仕活動は個人が決める
 

 ロータリーは、クラブを基礎としてきた組織です。国際ロータリーの目的は、各クラブに指揮・命令する為のものではありません。クラブを繋ぎ、情報を伝え、支援する為の存在です。それぞれのクラブやそれぞれのロータリアンが、どこでどのような奉仕活動を選択するかは、結局のところ、自分達が決定する事です。ですから、皆さん、ご自身の意図やビジョンに従って下さい。あなたの目を世界でのチャレンジに向けて見開き、ロータリーで身に付けた強みを使って下さい。「こころの中を見つめよう 博愛を広げる為に」を実践する事で、私達それぞれは大きな可能性を秘めているのです。


戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.