倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1198回例会 2012年2月21日(火)12:30〜


★2月度プログラム 
2月7日 (火)

「世界理解月間」に寄せて  下原福子 国際奉仕委員長

2月14日 (火) 中国工場を視察して  吉田衛生 会員
2月21日 (火)

交通安全について
 岡山県倉敷警察署 交通第一課 企画・免許係 係長 西 恵子 氏

2月28日 (火) 私の職業  高島賢二 会員

★前回の記録(2月14日)
会員総数37名(内出席免除者 8名)  出席者22名(内免除者 4名)
出席率66.67%  make-up後出席率89.19%

★ビジター
倉敷南;萩原君

★会長報告
 皆さん、今日は!寒い冬には珍しく、昨日から冷たい雨です。お身体にはくれぐれもお気をつけ下さいますようお願い致します。この季節になりますと、次年度の報告事項が増えて参ります。PETSや地区協議会で大変でしょうが、次期会長、次期幹事さん宜しくお願い致します。

★各委員会報告
◎社会奉仕委員会(丸尾委員長)
  本日、配布しておりますが、「桜の植樹」の出欠を宜しくお願い致します。
  日時;平成24年3月4日(日)  場所;倉敷市東部最終処分場

★スマイル(ニコニコ)
中島; 先日は喜寿のお祝いを有難うございました。

★プログラム
中国工場を視察して <吉田衛生 会員>
 

 私の仕事は元々警備ですが、4年程前から安全保安用品で年4回中国へ行っております。1月、4月、7月、10月。私はA型なものですから、それがずれると非常に駄目になるものですから、決めて行かせて頂いています。警備の現状は、三井アウトレットにも携わらせて頂き、1月15日で契約は終わりました。最近は、来場者は激変しているそうです。なかなか良いブランドが入っていないのと、アリオ倉敷さんは、近くの方は来られるけれど、県外のお客さんは全く考えていない。三井アウトレットさんは逆に県外の方を中心に考えておられるようです。双方の警備会社もビル管理の会社も清掃も全く違うけれども、受け皿は一緒という事だそうです。いい話題ではないのですが、JXのトンネルの事故の件も、悲しいかな我々警備業も今行かせて頂いています。先週の土曜日から急遽30人体制で、5〜6社位で行っています。それ迄は鹿島建設さんの職員さんが立っておられたようですが、当分かかるかなと思います。朝7時から夜10時迄の2勤体制で15人、15人でやっています。
 私が4年前に中国の工場へ行き始めたきっかけは、知り合いの方がおられて紹介して頂き、今日があります。今、ホームセンターさんに安全保安用品や防災用品等を供給させて頂いています。
 基点は上海ですが、車で1時間半の所に1箇所、車で3時間位の所に1箇所、2時間半弱の所へ2箇所に工場があります。去年、西岡会員と行ったような大歓迎などは先ずありません。だいたい車で行ける所に年4回行っています。ペットと自転車に関する用品を考えています。4年間行く度に、夜の宴会になるとお酒を勧められます。紹興酒が好きで、1日に5本呑んだらドン引きされましたので、それ以後はあまり呑まなくなりました。バイチューというお酒も挑戦しましたが、4人で3本空けました。1時間半で気づいたらホテルのベッドの上でした。57度というきついお酒でした。呑んで酔って、それで交流が深まるという事ですね。日本特有の考え方は「値段は安く、品質は最高の物に」という事ですが、ヨーロッパ向けは、値段は言わないし品質も言わないのです。ですから中国人はヨーロッパ向けの仕事を好みます。何故、あのギョーザ事件が起きたかと言うと、結局は値段を締め付けたあげくの逆恨みだそうです。それと、これらの思いがなかなか伝わらない事です。全て図面で提示してあげないとやって来ません。指示された以外はしません。+アルファーはありません。言葉は通じない、お金は先に下さい、物が届いたらグジャグジャ、電話しても繋がらない、そういうケースが過去多かったそうです。物作りの方法は、中国の工場はなかなか提案はありません。
 逆にオーダーが入って、オーダーだけ作って、オーダーの分だけ引き取らせるというやり方が、今の中国の現状です。オーダーを受けた以外は在庫を持ちません。中国のお金持ちは、1億数千人いるという事です。建設会社だそうです。後は不動産関係が多いそうです。昔の日本の経済成長と全く同じですね。今、中国の工場は人件費が上がっているのでインドネシア、バングラディッシュという中東の方に段々流れているそうです。なので、中国の工場も提案するようになり、小ロットという中東の方に段々流れているそうです。なので、中国の工場も提案するようになり、小ロット多品目になり、いくらか工場でストックするようになりました。何故かというと、仕事量が減ってきたからです。
 これが現状です。アメリカはオバマ大統領になってからは、自分の国で作った物を自分の国で販売するように方針を変えていますので、あまり中国に魅力はないという事です。ですから中国の工場も、今は極端です。何年か前迄は潤っていたと思いますが、今は全く仕事が無い所もあるそうです。
  ですから提案型に変わって来たのです。中国の現状は、私が感じたのは、確かに内陸部(西安)は、上海からかなり奥に入るのですが、マンションらしき建物の建設ラッシュでした。これから中国で工場を出す方は日本企業はいないかな、と思いました。インドネシア、カンボジア等はまだ貿易自体の整えがないのです。人件費は安い、いい物も作っている、間に貿易の担当がいないので貿易の仕組みが分からない、ですから高くなるのです。貿易の仕組みを作るのにコストが高くなります。
  中国の人とのお付き合いの中で一番感じる事は、向こうの方も信用したらずーっと付いて来てくれます。会社ではなく個人と付き合うという事ですね。思いやりは、日本人と全く同じです。逆に信用してしまうと中国の方は、すぐ工場を建て増しするという、長所であり短所であります。田舎の方へ行くと、まだまだ就職的には難しいところがあると思います。上海は食べ物は何でもあります。日本食も悪くはありません。衣食住も揃っていると思います。マンションは、知り合いのマンションへ行きましたが、部屋は確かに広いです。建物自体、日本に比べると劣ります。それでも7000万円したと言われました。資産を持っている方が非常に多いというのも、上海自体お金持ちの集まっている所だと思います。ファーストフード系も非常に増えています。ラーメン屋さんが多いです。勿論ユニクロさんもあります。人がいっぱいです。便も良くなりましたので、上海を基点にして頂きまして、中国各地へ行けると思います。一番に思うのは、商品を通じて交流をしていきたいと思います。中国の人は、なかなか海を見る事が少ないので、倉敷も喜ばれます。魚も淡水魚が殆どです。蛙、ヘビ、犬料理も頂きました。唯一食べれない物は蟻でした。中国では、高級食材だそうですが、一度も箸をつける事が出来ませんでした。私が一番美味しいと思うのは、四川料理と北京ダックです。色んな所へ行って、色んな物を食べてみたいと思います。夜、カラオケ等も行きましたが、日本の歌をよく知っています。特に演歌系です。そんな歌を歌うと、結構喜んでくれます。いい年をした人がネオンが落ちたら、ディスコみたいに踊ります。酔ってしまうと、そういった風潮もあります。一番共通出来るのは、呑んで食べて、色々語ってカラオケに行って歌を歌って、次の日に真剣に商談するという繰り返しが日本と一緒かなと思います。一番参ったなーと思う事は、私は紹興酒が本当に好きで、今自粛しています。一番糖分が高く、あまり呑めません。帰りに20リットル位のビン5本くれました。それは有難いのですが、今45キロ迄無料になりましたが、以前は25か30キロ迄が無料でしたから、3万円以上も払って帰りましたので、3万円以上で買ったのと一緒です。相手の方の好意ですから言えませんが、毎回毎回頂くので、致し方ないかなと思っています。2人、3人おれば分散出来るのですが、1人だとオーバーしますので大変でした。又、機会がありました、ロータリーでも企画して頂きまして、色んな所へ行けたらと思います。なるべく先入観を持たずに素直に行けたらと思います。


戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.