倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1194回例会 2012年1月24日(火)12:30〜


★1月度プログラム 
1月3日 (火)

定款第6条第1節により取り止め

1月10日 (火) 年頭にあたって  河村一浩 会長.佐々木伸介 幹事
1月17日 (火)

年男の抱負  原田一郎 会員.小野寛治 会員

1月24日 (火) 国際交流から見えたもの  金光学園 中学・高校副校長 佐藤正俊 氏
1月31日 (火) 映像で見る倉敷今昔 大原美術館の“戦争秘話”
                 元NHK放送記者 難波祐一 氏

★前回の記録(1月17日)
会員総数37名(内出席免除者8名)  出席者18名(内免除者3名)
出席率56.25%

★ビジター
倉敷;星島君

★会長報告
 皆さん、今日は!本日は、私共の至らなさから欠席者が異常に多く申し訳なく思っています。そして無断欠席者が目立ち、ホテルにもご迷惑をお掛けし、申し訳なくお詫び致します。

★幹事報告
 今日は。会長同様幹事の至らなさから、欠席者が多く申し訳ございません。RCは、皆さんの会費で成り立っておりますので、ご協力を宜しくお願い致します。

★各委員会報告
◎親睦活動委員会
 <1月度記念日発表>
 創立記念日;長谷川.貝原.高島
 本人誕生日;長谷川.大熊.斎藤.石原
 結婚記念日;小野(保).石原
 家族誕生日;中桐 夫人 喜陽子様
       大熊 夫人 尚美様
       荒木 夫人 千鶴子様

★スマイル(ニコニコ)
原田; 本日は「年男の抱負」と題しまして、節目で自分を見直す時間を頂き、有難うございます。
小野(寛); 1月15日、父の告別式には皆さんには大変お世話になりました。又、受付をして下さった皆様、お世話になりました。

★プログラム
年男の抱負 <原田一郎 会員>
 

 ”年男の抱負”という事で、今年60歳になるんだな、と改めて感じます。私の親は、私を産んでくれた年が21歳の年でした。逆に私は晩婚で、40歳の年で結婚しましたので、子供がまだ高校生と大学生で、私はもう5年、若しくは10年現役で頑張らなくてはいけないのだな、と改めて感じています。
 仕事の事を考えた時に、損保の仕事と警備の仕事をもっと頑張らなければと思っています。
 私は40歳の時に、損保の代理店の研修を受け、この仕事に入らせて頂きました。その頃は、日本で7〜8番目の会社の千代田火災という会社に入りました。暫くして、合併という形がどんどん進みまして、大東京火災さんと合併し、あいおい損保という会社になりました。それから暫くして日本生命さんと同和火災さんが合併した会社と合併して”あいおいニッセイ同和損保”となりました。その後、三井住友海上さんと合併しました。千代田火災に入った時は、倉敷はまだ特殊な会社で、日本で3〜5本に入る代理店があり、この会社を目標に頑張って来ました。子供の年齢を考えればもう少し頑張らないといけないんだなと思っています。有難い事に、営業社員4名と事務員1名で頑張っています。改めて会社の組織作り、後継者の育成もやらないといけないと思っています。
 それと、警備業もさせて頂いています。これは18年目になります。一番ピークの時は80名位社員を抱えてやっていました。最近、公共事業も減り厳しくなりました。かと言って、縮小したり止めたりすれば簡単ですが、折角作った会社であり、社員が口を開けて待っている中で、経営者として何をしなければいけないか、という事で共同組合を作りました。1社では入れない所も組合としては受注できないかなと、昨年の7月頃から営業活動をしました。力を併せてやればという事で受注出来ました。単独だとアピールが少なく、組合だと相手にも安心感を与える事が出来るという事です。
 私のような者がロータリーに入って、やって行けるのかなという不安がありましたが、皆さん色んな所で色んな業種で、頑張っておられる事がよく解りました。皆さんの経験やアドバイスを聞かせて頂き、本当にロータリーへ入会して良かったなと思っています。改めて一年宜しくお願い致します。

  <小野寛治 会員>
   私は昭和27年倉敷市大島で生まれました。私の家は農家でした。門にお米を干してあり、その向こうに風呂場があり、井戸がありました。井戸で朝顔を洗い、小学校の頃には井戸水をお風呂に汲み、風呂焚きをさせられていました。前に川があり、どじょうやうなぎやふな等がおり、きれいな川でした。そこで母親が野菜を洗っていたなと、懐かしく思い出されます。今は2人の子供に恵まれて、3人の孫がおります。
 西洋での60年祭というのがあり、西洋ではダイヤモンドを60周年の祝いに贈ったり、60周年の象徴とする風習があるそうです。結婚60周年はダイヤモンド婚式とも言うそうです。日本では赤い衣服(頭巾やちゃんちゃんこ等)を贈っていました。かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味でこの慣習があるそうです。厄とは厄年の事。陰陽家では人の一生の中で最も災難が多いとされ、忌み嫌われている年齢をいうそうです。数え年で、男は25歳、42歳、60歳、女は19歳、33歳、37歳とされるそうです。還暦という事は、私も生まれ変わったつもりで、もう一度小野寛治を磨き上げて、世の為人の為、ロータリーと共に家庭、仕事も頑張って参りたいと思っています。我が会社も、後10年で後継者を作りたいと思っています。たとえ私の身内が出来なくても、他人でも本当に会社の事を親身になって思ってくれる人がいたら、その人を後継者に認めて、世の為人の為にやってくれる人を抜擢して、私は引退したいと思っています。どうぞ、今年一年宜しくお願い致します。

★近郊RC例会変更
総 社; 2月2日(木)→同日18:30〜夜間例会
玉 島; 3月21日(水)→3月24日(土)〜IMリハーサル
3月28日(水)→3月25日(日)〜IM

戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.