倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1181回例会 2011年10月11日(火)12:30〜


★10月度プログラム 
10月4日 (火)

大災害とロータリー  弁護士 阪本豊起 氏(神戸南RC会員)

10月11日 (火) 米山月間に寄せて  香川俊一米山奨学会委員長
10月18日 (火)

休会(23日の地区大会参加に振替)

10月25日 (火)

私の職業  三宅英和 会員


★前回の記録(10月4日)
会員総数38名(内出席免除者7名)  出席者20名(内免除者4名)
出席率57.14%  make-up後出席率89.47%

★ゲスト・ビジター
神戸南;阪本君
倉 敷;長谷川君
倉敷南;三世川君
倉敷東;松原君

★会長報告
 皆さん、今日は!10月になりすっかり秋らしくなりました。我が店も冬のメニューに変わりました。
 先週は、職場例会で、原職業奉仕委員長、又あいおいニッセイ同和損保の、奥薗会員お世話になり、有難うございました。又、今月は22日、23日と地区大会兼親睦旅行があります。どうぞ楽しんで、親睦を図って頂きたいと思います。

会長報告

鳥居地区R財団委員長より、事務所移転のお知らせが参っております。
 〒700−0902 岡山市北区錦町1−8 岡山県木材会館4F (TEL)086−221−2690

ロータリーの友地区代表委員より、「私の家族」についての原稿依頼が参っております。

★各委員会報告
◎親睦活動委員会(奥薗委員長)
 <10月度記念日発表> 創立記念日・・・・香川・佐々木・中野
            本人誕生日・・・・小野(保)・佐々木
            結婚記念日・・・・中山・塚村・日下・西
            家族誕生日・・・・大島  夫人(幸子様)
                     塚村  夫人(僖子様)
                     小野  夫人(美千子様)
                     佐々木 夫人(幸代様)
◎社会奉仕委員会(丸尾委員長)
  第26回「市民健康講座」を、講師の都合により日程変更を致します。
  11月15日(火)を休会にして→13日(日)の市民健康講座に振替ていましたが、11月8日(火)を休会に
  して6日(日)に市民健康講座を執り行う事になりましたので、宜しくお願い致します。

★スマイル(ニコニコ)
中桐; 阪本弁護士をお迎え出来た事に感謝致します。
西; 先日の「職場例会」ではお世話になりました。いい勉強になりました。奥薗会員有難うございました。
奥薗; 先週は、当支店へお越し頂き有難うございました。駐車場が狭く不便をお掛け致しました。
10月1日は、合併して1周年となりました。引き続き宜しくお願い致します。
下原; 倉敷水島RC主催の「ハヤブサ上映会」では,ロータリアンや中学生の熱心な質問と、テレビ中継による説明があり、普通の映画鑑賞会ではなく、とても感動しました。ハヤブサ本物が10月27日に倉敷に来ます。
塚村; 10月は結婚記念日と妻の誕生日です。

★プログラム
大災害とロータリー
<弁護士 阪本豊起 氏(神戸南RC会員)>
 

  倉敷瀬戸内RCの皆さん、今日は!中桐先生には中学3年生の時の担任をして頂きました。
  3月11日の東日本の大震災があり、創立25周年式典も取り止めとなりましたが、本日お呼び頂いて阪神淡路大震災の事を、時間が許す限りお話させて頂きたいと思います。
  我がRCは1986年の創立です。神戸RCが親クラブです。例会日は毎週月曜日の夜です。会場がポートピアホテルで人工島の中にあります。1995年1月9日が新年例会でした。1月16日は振替休日で例会はありませんでした。1月17日、午前5時45分に震災がおきました。私の自宅は六甲山の裏側の中腹にあります。事務所は中央区で10km位の所にあります。5時45分、ドンという音にびっくりして子供達も私の部屋に来ましたが、何という事もなく又寝てしまいました。8時頃起きて様子が変なので、テレビをつけると大変な事になっていました。私のビルも映っていて、その前のビルが倒壊していておりましたが、腹を据えて3日程行きませんでした。今、ビリはセコムで全部ビル毎管理されていますので、電気が切れると開きません。事務所に電気が来たのは1月28日でした。当時は、まだ若い会員ですからRCの事など忘れていたところ、2月1日に幹事から会員に災害見舞いと例会再開という通知が来ました。人工島ですから、橋が壊れると会場であるポートピアホテルに渡れないので使えません。3月6日に初めて理事会開催しました。会員が丁度100名いました。その内73名出席しました。人と交わり人と集いたいというのでしょうか。卓話も会員の税理士による税務の問題、会員弁護士による法律と震災、建築業の会員による建築、医師による医療の話、大学教授による自然と動物をしました。5月8日、初めて橋が開通しポートピアホテルでする事が出来るようになりました。土地の値段もガタガタですから、会員不動産鑑定士による不動産についてお願いしました。海上自衛隊司令を呼んで地震と戦争、西日本鉄道常務本部長にお願いして交通被害状況と普及についてお願いしました。神戸新聞にお願いして、マスコミと震災復興、半年間ずっと震災シリーズでした。ラジオが凄く役立ちました。
  兵庫県は2680地区ですが、全世界から8億円義援金を頂きました。各クラブに配分があり、殆どを留学生の家の設営と運営、子供の家の設営に使いました。神戸は大学が多く、色んな国から留学生が来ています。アジア系の人達は住宅に恵まれていません。大勢の留学生が取り残されました。
  私の家にも何人かおりました。親が亡くなって震災孤児が多く出ました。3年位で使い切ったと思います。被災地に於けるRCの活動と意義を総括しますと、やはりクラブ奉仕が大事だと思います。先ず、安否の確認、生活の支援、職業奉仕はロータリアン同士の職業を通じた助け合い、特に弁護士や建築関係、不動産、測量士、司法書士等非常に役に立ちました。国際奉仕、米山奨学会、R財団では被災した留学生の保護支援、カウンセラーも大変でしたが、クラブの存在維持を自覚してクラブの意思が高まったのだと思います。人が恋しいとか、安心出来る人間関係を求めますから、正に最適です。又、共通の体験をしますから、同じ被災した仲間が同じ話題が出ます。そして心が癒されます。悪い所はルールががたがたになった事です。震災前の会員数は99名、震災時は100名いました。震災後半年間で92名になりました。1998年には90名になりました。3年経ってもそんなに減りませんでした。神戸は活断層の破壊、東日本は大陸プレートのずれです。神戸は食料や水は簡単に調達出来ました。もっぱら建物がつぶれていました。殆ど圧死でした。火災での広がりはありましたが、他は殆どありませんでした。東日本震災で死んだ人は80名位でしたが、後は津波です。もう一つは、都会と過疎地の違いです。日頃から準備が必要な事。価値観の選択です。   住宅の建築を誰に委ねるかという事です。ロータリーが最初の取り組んだ災害は、関東大震災だそうです。


戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.