倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1178回例会 2011年9月20日(火)12:30〜


★9月度プログラム 
9月6日 (火)

創立25周年記念例会   ホテル日航倉敷(17:00〜)

9月13日 (火) 「会員増強・R財団セミナー」報告  河村会長・佐々木幹事
9月20日 (火)

相続税の話  丸尾重仁会員

9月27日 (火)

職場例会   あいおいニッセイ同和損保(12:30〜)


★前回の記録(9月13日)
会員総数38名(内出席免除者7名)  出席者23名(内免除者5名)
出席率63.89%  make-up後出席率92.11%

★ビジター
倉 敷;長谷川君.虫明君
倉敷南;三世川君

★会長報告
先週は、「創立25周年記念例会」に多数のご出席を賜りまして、誠に有難うございました。東日本大震災の為、質素にさせて頂きました。親クラブの岡山備南RCからも11名の方にお越し頂き心より感謝致します。親睦委員会の皆様にもお世話になり、有難うございました。
9月4日(日)、「会員増強・R財団セミナー」が倉吉にて開催されました。中野会員増強委員長、山田R財団委員長、会長、幹事の4人で出席致しました。
ガバナー事務所より、台風12号災害に伴う義援金のお願いが参っております。

幹事報告

・倉敷水島RCより、映画「HAYABUSA」(無料)鑑賞会のご案内が参っております。
  日時;9月24日(土)18:30〜20:00
  場所;倉敷科学センター プラネタリウム(ライフパーク内)
  事務局まで!
・9月27日(火)の例会は「職場例会」です。13:00〜と報告致しましたが、12:30〜です。
  あいおいニッセイ同和損保です。出欠を今日中にお願い致します。
・例会終了後、理事会開催。


★各委員会報告
◎親睦活動委員会(奥薗委員長)
 9月度創立記念日 松友
    本人誕生日 高島.丸尾.貝原.香川.原田.盛岡
    結婚記念日 原田.山田
    家族誕生日 河村 夫人(千鶴子様) ・ 丸尾 夫人(正子様) ・ 奥薗 夫人(智子様)
            永原 夫人(冨美子様) ・ 丸山 夫人(美智子様)
◎ゴルフ同好会(江口)
 9月6日の「創立25周年記念例会」に多数のご出席を頂きまして、有難うございました。
 翌日、鬼ノ城ゴルフクラブに於いて、ゴルフコンペ開催致しました。有難うございました。
 10月17日(月)、たけべの森ゴルフクラブに於いて、コンペを開催致します。9月20日締切り。

★スマイル(ニコニコ)
会長・幹事; 創立25周年記念例会、つつがなく終わり感謝致します。有難うございました。
荒木; 創立記念例会に、止む無く欠席し、申し訳なく思っております。玉姫殿でのチャーターナイトから25年経過したのかと思うと感慨がひとしおです。
江口; 先日のロータリーコンペ、皆様大変お世話になりました。又、ハンディに恵まれて優勝させて頂きました。有難うございました。
香川; 9月12日は68歳の誕生日でした。粗食でコップ1杯のビールでささやかに祝いました。
日下; 先週の創立25周年記念例会は、岡山備南RCからも出席頂き、質素ながら楽しく明るい記憶の残る会だったと思います。江口実行委員長、親睦委員会の皆様に感謝致します。
下原; “能”を初めて見ました。お姉ちゃんがお面を作り、父親と2人の息子が舞い、次男のお披露目のお祝いの席に同席出来て、嬉しく思いました。
吉田; 創立25周年記念例会を欠席して、申し訳ありません。9月6日から9日迄、東京ビッグサイトでギフトショーへ展示参加して参りました。大きな収穫があり、とても良い展示会でした。

★プログラム
「会員増強・R財団セミナー」報告
<佐々木 幹事>
 

 9月4日、倉吉へ行って参りました。前日は台風で高速道路等不通になっており、心配しておりましたが、予定通りありました。R財団セミナーに、山田会員と出席致しました。昨年、新地区補助金も申請し、お任せしておりましたが、急用が出来られ、急遽私が報告させて頂く事になりました。
  大きく分けると、ロータリーカードと新地区補助金に分けられます。RIに各クラブから寄付が集まって、それが又地区に戻って、クラブの事業にと補助金を頂く事になります。仕組みが難しく、何回聞いても解り難くいです。使っても使わなくても自由だそうです。事業費が25万〜30万円位以上の額に対して申請して、認められれば半額の補助があるという事だそうです。申込が、2月には予算を決め、申請して、5月頃審査されOKであれば、補助金として振り込まれ、6月から2月頃迄に事業をし、3月頃には報告書を出すという仕組みになっています。今年は申請しておりませんが、来年、もしされるようになれば早めにされた方がいいと思います。昨年は「安全ベスト」で申請して地区補助金事業として、行われました。単純に物を送るのではなく、それを使って事業するとか、汗をかくとかいった事を絡めないとなかなか認められないそうです。一番いいのは「桜の植樹」等ですが、2月迄に終わらせないといけないので、難しいかなと思っています。これ以外に、全く新しい事業でもいいので、具体的に考えていって頂きたいと思います。

  <河村 会長>
   会員増強セミナーへ行って参りました。毎年の事ですが、初めに貴重講演があり、後、分かれてそれぞれの問題点を掲げてある資料を見ながら、参加されているクラブの良かった事例、難しかった事例等を交えての話になりました。中村研修リーダー(吉川RC)の話を頂きました。
  @会員を増強するには! これはロータリー活動の本源です。メンバーがいなければ活動は成りたちません。”友情”基本的な人間のニーズです。人と親睦を提供します。Aビジネスの発展。誰でもネットワークが必要です。会員はあらゆる職業の人がいます。ロータリアンは、お互いに助け合い団体として他社を助けます。B個人的成長と発展  ロータリー会員は、人間関係を発展させ、自身を切磋琢磨する為に教育を受け、個人的に成長し続けます。 Cリーダーシップ開発。ロータリーは指導者や成功者からなる組織です。ロータリーの役職に於いて奉仕する事はいかにもリーダー達を奮起させ、影響を与え導くからというリーダーシップの大学教育のようなものです。D地域社会の市民たること。 ロータリークラブの会員になるには、より良い社会生活の構成員となる事です。 E教育の継続。 ロータリーでは、毎週地域社会、国、世界に何が起こっているかという情報を与えるプログラムが用意されています。様々な講演者が各人、各種の議題について話します。F楽しみ。 ロータリーは楽しい所です。どの会合も楽しく、クラブプロジェクトも楽しく、社会活動も楽しく、奉仕も楽しいのです。 G人前で話す術の養成。 ロータリーに入会する人々の多くは、人前で話す事を恐がり、ロータリーは人前で講演する為の自信や、コツを身につけさせその機会を与えます。

戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.