倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1174回例会 2011年8月23日(火)12:30〜


★8月度プログラム 
8月2日 (火)

所信表明  各委員長

8月9日 (火) 「木村式自然栽培」について
     NPO法人木村式自然栽培実行委員会 理事長
     (株)やまと 代表取締役  高橋啓一 氏
8月16日 (火)

定款第6条第1節により取り止め

8月23日 (火)

創立25周年にあたって  中桐眞彦 パスト会長

8月30日 (火) 新会員自己紹介  中山永浩 会員

★前回の記録(8月9日)
会員総数38名(内出席免除者7名)  出席者30名(内5名)
出席率83.33%  make-up後出席率89.47%

★ビジター
倉敷;森田君.井上君.大野君

★会長挨拶

 皆さん、今日は!本日は大先輩であります森田ガバナーエレクト、井上次期代表幹事様にお越し頂きました。有難うございます。


☆森田ガバナーエレクト

 皆さん、今日は!次年度ガバナーをさせて頂く事になりました森田でございます。本日はご挨拶とお願いに参りました。次年度、当クラブから香川会員をガバナー補佐を出して頂き、有難うございます。私は気が弱く、大学4年生の時教授に呼ばれ、「この世の中は泥沼みたいなものだ、だから一生走り続けなさい。」と言われずーっと走り続けました。皆様方もずーっと走り続けて下さい。


☆井上次期代表幹事

 次年度、代表幹事をさせて頂きます井上です。香川会員にはガバナー補佐をお引き受け頂きまして有難うございます。次年度の地区大会は10月28日(日)に倉敷市民会館に於いて開催予定にしておりますので、コ・ホストをお願い致します。講演は、昨日ガバナーエレクトに決めて頂きました。
 片岡鶴太郎氏にお願いする事に決まりましたので宜しくお願い致します。出来ればご夫婦揃っての登録を宜しくお願い致します。


★幹事報告
先日、「創立25周年記念例会」と「地区大会」のご案内を送らせて頂きましたが、出欠がまだの方は回覧致しますので、宜しく!
次週の例会は、定款により休会致します。

★スマイル(ニコニコ)
原; お誕生日プレゼント有難うございました。8月12日で52歳になります。プレゼントはRCからしか頂けませんので感謝です。
中桐; 応援有難うございました。金光学園は初めて優勝戦に進みました。私は、甲子園への応援バスの段取りを考えていました。今後とも宜しくお願い致します。
下原; 高橋啓一様、ようこそお越し下さいました。農業に興味がある私はとても楽しみです。

★プログラム
「木村式自然栽培」について!
<NPO法人 木村式自然栽培実行委員会 理事長
(株)やまと 代表取締役 高橋啓一 氏>
 

 こんにちは!今日はお呼び頂き有難うございます。
 木村あきのりさんの「奇跡のりんご」という本をご存知でしょうか。彼は青森県在住で、自然栽培という、肥料を農薬、除草剤は使わずにりんごを育てておられる方です。りんごは、年間にだいたい13回ほど予防します。今から35年程前に、予防をすると奥さんがアレルギーになってしまい、何とか予防をせずにりんごが育たないものかと考えていました。ある本を読んでいると、稲が肥料や農薬なしでできると書いてありましたので、りんごも出来るのではないかとチャレンジし始められました。
 何もしないで作ってみようと始めますと、虫に葉っぱは食べられ全く葉っぱが無くなってしまいました。りんごの花が春に咲かないといけないのに秋に咲くようになってしまいました。という事は来年の春には咲かないという事です。それから11年間りんごの実はつきませんでした。一生懸命ありとあらゆる事を確かめたのです。木村さんは気がついたのです。「そうか、私はりんごをならそうとするだけで、目に見える所だけを一生懸命研究してきたけど、実は目に見えない土の中が大切なんだ、これをしっかりすれば実はなるのだ」という事に気がついたのです。
 木村さんは3年かかって山の土と同じような土の環境を作りました。11年経って見事にりんごは3つなりました。今500本の木がありますが、1本にだいたい400個なります。りんごを作る過程の中であらゆる作物を試しました。その中にお米もありました。「りんごを作っても、日本の食生活には影響ない、それよりもっと大切なお米にシフトしていかなければいけないのではないか」と思うようになりました。私が一昨年の12月5日に仲間と一緒に木村さんの話を聞いて、そして始めたのが「木村式自然栽培」実行委員会です。無農薬がきちんと証明出来て、一番高いお米は新潟県で木村さんの指導で作られた「はぜかけ米」が東京の高島屋で22万5千円です。だいたい20倍です。この
 団体にするのに、一番大切なのは、今市場経済は拡大する時のみ有効です。需要があれば供給が増えますので、需要がある内は市場経済は成り立つのですが、実はもう市場経済は需要がピークにいくかです。大企業は今金融にいっているか、価格競争に入っていりかのどちらかです。具体的に言えば、どうしてもこのシステムは崩壊します。市場が拡大しないのですから、そうなると私達は、作物は契約栽培になります。私達は欲しい人と作る人が同じレベルになって、お互いが売って喜び、買って喜ぶの世界にならない限り、市場経済に任せてしまうと、どうしても作り過ぎると値段も下がります。値段が下がると安全安心が確保されないです。今、中国で肥料農薬を使わないお米が結構出回っています。なぜかというと買うお金がないのです。肥料農薬を使っていないという証明がないので売れません。私達、NPO法人の目的は、安心安全の確保と適正価格です。
 昨年は15,000円価格を提示しました。30軒の農家の方が19.2トン作りました。とても美味しいお米が出来ました。今年は16,000円の価格を提示しています。今、50軒の農家の方々にだいたい60トン位作って頂いています。今年成功したら、来年は物凄いスピードで広まっていくのではないかと思います。木村式農法のお米は、とても美味しいです。お酒、味噌、あられせんべい、お粥、お餅等々、作っています。ぬかは食べたら甘くきなこみたいです。便通もよくなります。
 岡山県から農業維新を興して、放射能に負けない美味しいお米を作っていきたいと思います。


★近郊RC例会変更
岡山南 8月16日(火)→定款第6条第1節により取り止め
8月23日(火)→夜間例会
岡山後楽園 8月11日(木)→定款第6条第1節により取り止め
岡山 8月31日(水)→    〃      〃
倉敷 8月18日(木)→    〃      〃
戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.