倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1173回例会 2011年8月9日(火)12:30〜


★8月度プログラム 
8月2日 (火)

所信表明  各委員長

8月9日 (火) 「木村式自然栽培」について
     NPO法人木村式自然栽培実行委員会 理事長
     (株)やまと 代表取締役  高橋啓一 氏
8月16日 (火)

定款第6条第1節により取り止め

8月23日 (火)

創立25周年にあたって  中桐眞彦 パスト会長

8月30日 (火) 新会員自己紹介  中山永浩 会員

★前回の記録(8月2日)
会員総数38名(内出席免除者7名)  出席者23名(内3名)
出席率67.65%  make-up後出席率89.47%

★ビジター
倉 敷;長谷川君.櫛田君.桑村君

★会長挨拶

 皆さん、今日は!8月に入り、益々暑い日が続きますが、夏バテしないように気をつけて頂きたいと思います。高校野球も関西高校が代表で出場となりましたが、金光学園もよく頑張ったと思います。


★会長報告
先週は、ガバナー公式訪問でした。早々と、お礼状が参っております。
昨年度、大熊前会長と長谷川前幹事さんに大変お世話になり、「会長賞」に選ばれました。有難うございました。地区大会に展示の予定です。

★幹事報告
ガバナー事務所より、「地区大会」の案内が参っております。我がクラブは、親睦旅行を兼ねてバスで行きたいと思います。
7月26日、倉敷RC会員の赤松光様がご逝去されました。謹んでご冥福をお祈り致します。クラブから、弔電をさせて頂きました。
明日、3日(水)岡山備南RCへ、会長と表敬訪問させて頂きます。
例会終了後、理事会を開催。

★各委員会報告
◎親睦活動委員会(奥薗委員長)
  <8月度記念日発表>
 創立記念日;塚村
 本人誕生日;原.松友.西岡
 結婚記念日;大熊
 家族誕生日;原.原田.和田.西岡.山田

★スマイル(ニコニコ)
原田; 創立11数年、初の甲子園がするりと抜けました。金光学園野球部、次回を楽しみに!
下原; 昨日、大阪堂島RCへメーキャップに行きました。同じ25周年を迎えるクラブで、とても参考になりました。

★プログラム
所信表明
 

<奥薗親睦活動委員長>
 親睦活動を通じて、会員相互の好意と友情に努める。会員及びその家族がより一層ロータリー活動
 への理解を深め、諸活動に積極的に参加して頂けるよう推進する。
 @記念品贈呈  A夜間例会(家族忘年会)  B歓送迎会(随時)  C合同例会
 D親睦旅行   E委員会開催

<高島プログラム委員長>
 @出来るだけ多くの会員に「私の職業奉仕」と題した卓話をお願いする。
 Aロータリー月間には、該当する委員会に卓話をお願いする。
 B他クラブの会員、又は外部の方に卓話をお願いする。

<桑折クラブ会報委員長>
 @現行の形式を継承しつつ、会員の意見や要望を取り入れ、改善に努める。
 A各委員会との連携の下、各種情報を早めに掲載し、会員に役立つように努力する。

<芦原雑誌委員長>
 @週報に「ロータリーの友」の抜粋をし、興味ある内容の題目を掲載する。
 A例会時に、要約をプリントして配布する。
 Bロータリーを説明する時に利用する。

<大熊R情報委員長>
 @新入会員候補者の方には、事前に入会マニュアルを読んで頂いて、ロータリーをある程度理解
  して頂くべく、情報を提供する。
 A入会3年未満の会員は、原則として地区大会やIM等の諸行事に義務出席して頂き、早くロー
  タリーを理解して頂く。
 B年に2回程度、パスト会長と入会3年未満の会員を中心としたファイヤーサイドミーティングを企
  画する。
 C1月の「ロータリー理解月間」にロータリー情報関連の卓話等を企画する。

<塚村広報委員長>
 @「ロータリーとは」「ロータリーは何をしているのか」
  殆どの方々に、内容や活動が理解していない。機会ある毎に、可能な限り詳細に各種メディアを
  通じて積極的にPRしていきたい。
 A「市民健康講座」「桜の植樹」等については、地域のテレビ、ラジオ、市の広報誌等に取り上げ
  て貰う為に、全会員の協力を得ながら進めていきたい。

<香川米山奨学会委員長>
我が国最大の民間、外国人留学生支援団体である米山記念奨学会は、将来母国と日本の架け 橋となって、国際社会で活躍する優秀な留学生を奨学する事を目的としている。東日本大震災、 原発事故等留学生の間で日本への信頼が揺らいでいる状態を、ロータリアンの支援、交流を通じ て少しでも彼らの心の支えになるよう、色々な留学生の会に積極的に参加するように努める。

<山田R財団委員長>
 パイロット地区になった当地区の「未来の夢計画」のスムーズな運営を図りたい。
 @R財団の理解を深める為、例会時にDVD等の活用で、財団の活動の勉強会を行う。
 A財団年次寄付を、会員一人当たり140ドルを目標とする。
 Bポールハリスフェロー、準フェロー、ベネファクターへの加入の推進をお願いする。
 Cロータリーカードの意義を理解して頂き、全会員とそのご家族にも協力をお願いする。

戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.