倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1163回例会 2011年5月24日(火)12:30〜


★5月度プログラム 
5月3日 (火)

休会 憲法記念日

5月10日 (火) 「地区協議会」報告  小野寛治 次期クラブ奉仕委員長
5月17日 (火)

日本の行く末  日野環境デザイン研究所  日野進一郎 氏

5月24日 (火)

映像で見る倉敷物語(歴史を訪ねて)元NHK記者 難波祐一 氏  

5月31日 (火) 「中国訪問」報告  西岡喜良 国際奉仕委員長

★前回の記録(5月17日)
会員総数38名(内出席免除者7名)  出席者24名(内5名)
出席率66.67%

★会長報告
皆さん、今日は!東日本大震災があって2ヶ月過ぎました。被災された方々も11万人以上になるそうです。又原発の話も次から次へといっぱいで、皆さんも本当に限界が来ているようです。当クラブの25周年記念式典も中止した旨を、山形東RCや記念講演でお願いした阪本様からも、丁重なお手紙を頂きました。
森田ガバナー・ノミニー事務所開設のご案内が参っております。
倉敷東RCより、「新旧会長・幹事会」のご案内が参っております。
  6月23日(木)18:30〜  アイビースクエアに於いて

★幹事報告
6月14日(火)の例会は、定款第6条第1節により取り止めで、例会は休会となります。

★スマイル(ニコニコ)
池上; 日野様、ようこそ当クラブへお出で下さいました。卓話宜しくお願い致します。
丸尾; 5月19日で結婚20周年を迎えます。平々凡々と毎日を元気に過ごせる事に感謝しています。奥さんに感謝、感謝です!
芦原; 5月12日、妻の誕生日にお花を有難うございました。パソコンも買いに連れて行かされました。

★プログラム
日本の行く末
<日野環境デザイン研究所 日野進一郎 氏>
 

 日野様は一級建築士で日野環境デザイン建築士でいらっしゃいます。大変肩書きが多い方です。
 環境カウンセラー、岡山地球温暖化防止活動推進委員でもいらっしゃいます。

 皆様、今日は!経験豊富な皆様方の前でお話をさせて頂ける事に感謝致します。地球環境問題は非常に関心も高く、一緒に考えて一緒に解決していくべきではないかなと思います。今回の東日本の大震災も政府や自治体任せでなくて、我々も住民の一人として考えて行きたいと思っています。地球は46億年程前に出来ており、10億年程前から徐々に生物が出来、人間が現れたのが500万年前位だと言われています。1万年前頃から農業を始めて、200年前頃から産業革命が始まり、産業革命以降が色んな問題を起こしているようです。
 今、人口は70億人と言われています。その内10億人の人々は非常に栄え、10億人の人々は飢餓に苦しんでいます。これは経済的が多いと思います。二酸化炭素の排出量は、自然の吸収力よりも実際人間が色んな経済活動で使っている量がどんどん増えていき、それが溜まっていってしまっているという事です。200年前でしたら、未だ太陽からの熱が大気圏外に逃げていきますからまだ良かったのですが、今は非常に濃度が高まっています。なので地球が暖まっております。
 1800年の産業革命の時代は、0度より低い状況でした。200年経って、今1度から2度程度迄上ってきました。このままの経済活動が続くと、2100年には6.4度迄上がるだろうと言われています。
  北極圏の氷も明らかに減っています。2040年頃には全部無くなるのではないかとも言われています。ここで生きている生物も結構いますし、そういう生物生存も危なくなってきます。人間だけが生き伸びればいいのではなくて、生物も一緒に生存できるのが地球上のバランスを保つ事になるのではないかと思います。北極に氷は水に浮いていますので、解けていっても殆ど上昇はないのですが、南極の氷は2000m級の氷がドーンと大陸に乗っている状況なので、全部解けると海面が70mから100m上昇する予測が出ています。徐々に解けるといいのですが、急に解けると巨大津波があると学者の間では定説になっています。今回の東日本の津波は地震によるものでしたが、日本も含めて沿岸部に原発とか石油コンビナートや化学プラントがある地域は、必ず影響を受けると言われています。特に日本は原発が54機もありますので、これがどうなるのか大変心配です。
 島根原発の北側には活断層いっぱいあるのです。3年程前に見学に行きましたが、凄い工費です。
 今、日本は広島原爆の120万発分の原子力を持っています。とてつもない量です。みんなが幸せの為に動いている事なのか、政府だけでなく、私達一人ひとりが判断する事だろうと思います。
 原発を廃止しようとする所は動いていますが、ドイツ、スウエーデンは自然エネルギーをどんどんしようとしています。フランス、アメリカ、日本は推進派です。今の日本の発電設備の実績は、原子力の稼動率が82%あります。火力は43%、水力は23%です。原子力を全部停めたとしても、火力と水力でまかなえるのです。反原発でなく脱原発、原発がなくても生きて行ける社会を作ろうという考えです。原子力がなくては生きていけないというのは、嘘です。中国電力は原子力の比率が8%ですから、すぐにでも停止は出来るのです。日本の電気料金は世界一高いです。二酸化炭素をどんどん排出した結果は、食糧難になるのです。
 エネルギーとか水資源の危機、環境ホルモン、ダイオキシン汚染、森林破壊、オゾン層破壊、地球温暖化、これは結局どうなるかというと、全部食料問題に繋がるのです。食料危機になると食料の奪い合いで戦争紛争の可能性が出てくるわけです。最悪は核戦争という事になるのです。日本は平和でないと成り立たない国なのです。日本は食糧輸入が非常に多いです。ところが、毎日何千万食捨てているのです。
 美しい地球を、我々はどうやって引き継いで行けるか、真剣に考えなければいけない時期に来ていると思います。将来を決めるのは将来の人ではなく、私達だと思います。


戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.