倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1125回例会  2010年7月27日(火) 12:30〜


★7月度プログラム
7月6日 (火)

所信表明  大熊 会長・長谷川 幹事

7月13日 (火) 所信表明  各委員長
7月20日 (火)

所信表明  各委員長

7月27日 (火)  「私の仕事」あれこれ  松友清 会員

★前回の記録(7月13日)
会員総数37名(内出席免除者7名)  出席者25名(内4名)
出席率73.53%  Make-up後出席率86.49%

★ゲスト・ビジター
岡山備南;黒川会長・恩田幹事
倉 敷;井上君.鴨井君.櫛田君.大村君
倉敷東;武部君

★会長挨拶
 皆さん、今日は!本日は岡山備南RCより、黒川会長と恩田幹事様が表敬訪問されました。有難うございます。先週の水曜日に、長谷川幹事と岡山備南RCに訪問致しました。岡山備南RCさんは35周年式典を予定されているそうです。
 我がクラブも、25周年を迎えます。実行委員長は、江口パスト会長.副委員長は三宅パスト会長と中野パスト会長、委員は大熊会長、長谷川幹事、河村会長エレクト、佐々木副幹事に決まりました。

★幹事報告
 10月3日の地区大会の出欠を宜しくお願い致します。

★黒川会長(岡山備南RC)挨拶
 皆さん、今日は!先週は大熊会長と長谷川幹事にお越し頂きまして、誠に有難うございました。大熊会長の熱い挨拶を有難うございます。我がクラブも会長賞が頂けるように頑張ります。
 社会奉仕事業の一環として、8月29日(日)午後1時より、さん太ホールにて「人形劇とミニコンサートと交流会」を開催致します。お時間がある方は是非お越し下さい。又、当クラブも「創立35周年式典」を予定しております。10月9日(土)岡山メルパルクに於いて開催予定です。

★スマイル(ニコニコ)
会員全員; 岡山備南RCの黒川会長、恩田幹事の表敬訪問に感謝致します。
斎藤; 11年間乗車のカローラとお別れして、新車に乗車しました。
下原; 8月8日、玉島花火大会があります。その時には、警備員に「ショウエイに行きます」と言って頂ければ通してくれますので、6000坪の土地にどこでも停めて行って下さい。ご家族、お友達の皆様でどうぞ!

★プログラム

所信表明
<奥薗 雑誌委員長>

 雑誌委員長をさせて頂きます奥薗です。前年度の大島委員長と殆ど同じですが、頑張らせて頂きます。@「ロータリーの友」及びロータリー誌に関心を喚起し、活用を図る。 A「ロータリーの友」誌の中で興味ある内容を会員に紹介する。 B広報誌を活用して、ロータリー以外の人々にロータリーの事を知って頂くよう努める。
 ロータリー誌の中で興味がある事を紹介させて頂きます。
 @環境パトロール車のその後・・・・・前年度「地区大会」の記念事業として、松江市に環境パトロール車を1台寄贈。近年の地球温暖化に環境破壊と、地区テーマ“ロータリーは地域と共に”の趣旨のもとに寄贈されたものです。A2010年4月、新会員紹介の所で原田会員が載っていました。この1年ロータリー誌を見て皆さんと共感できればと思います。

<高島 職業奉仕副委員長>
 小野委員長から代理を頼まれましたので、報告致します。@毎月、第一例会に於いて「四つのテスト」を唱和する。 A10月の職業奉仕月間での卓話を実施。B季節に応じた職場例会の実施。

<三宅 社会奉仕委員長>
 今年度は、大熊会長の運営方針は“会長賞”を目指すという事です。社会奉仕委員会は50点満点の25点以上を何とか取らなければなりません。50点取る為には9項目全部やればいい訳です。
 @創立20周年記念事業の一環として始めた「桜の植樹」を職業奉仕委員会と連携して、会員全員参加を目指し行う。
 Aライラプログラム参加者を、新世代活動委員会と協力して推薦する。
 B25回目を迎える「市民健康講座」を他の委員会にも協力して貰い、多くの市民に参加して貰えるよう計画する。
 C環境問題について、会員事業所、又は個人で取り組む事が出来るテーマを提出して貰い、それに対する取り組みがし易い環境を整える。

<丸尾 新世代活動委員長>
 @青少年が職場体験を出来る機会を持つ。
 A青少年と共に行うボランティア活動を企画する。
 Bスポーツを通じて、青少年育成を行っている団体を支援する。

<西岡 国際奉仕委員長>
 前年度委員長の事業計画と同じように頑張って参りたいと思います。“会長賞”を目指しておられる大熊会長の下、四大奉仕委員長として頑張りたいと思います。中国の方にも目を向けたいと思っています。

<中野 米山奨学会委員長>
 2年続けて米山奨学会委員長をさせて頂く事になりました。
 @米山奨学金の目的と意義について、会員に理解を求め、協力をお願いする。
 A10月の米山月間には、米山事業について勉強会を開催する。
 B米山奨学生を卓話に招き、国際理解と親善を深める。
 吉備国際大学卒業した奨学生に、9月か10月頃卓話をお願いしています。

<山田 R財団委員長>
 財団と国際ロータリーは一体のものです。ロータリーが(財団が)どんな活動をしているかは、又月間の時にでもお話しして理解して頂きたいと思います。この前地区協議会でも言われたように、財団は今迄はお金を集める方だったのですが、これからは使う方にも積極的に関与してほしいと言われました。本年度は、既に補助金が127,680円、安全ベスト寄贈で決まりました。来年の3月いっぱいには、次年度の補助金の申請を先倒しして行わなくてはなりません。次期委員長あたりが決まりましたら、各奉仕委員長さんと相談して次年度の補助金の申請をしたいと思います。年次寄付は当クラブは順調に行っております。2013年度より補助金制度が変わります。本年度から当地区はパイロット地区でして、ロータリーの夢計画が始まっています。地区の未来の夢計画がスムーズに運営出来るように、地区へも協力して皆様にも折がありましたらどういう計画で、どういう事をやっているのか、お話をして理解を得たいと思います。
 ロータリー・カードについて、大熊会長の強い希望がありまして、是非共トップテンに入るという事です。現在、会員が18名、奥様が7名です。もし、まだ入られていない方は個別に声掛けをさせて頂きますので、ご協力を宜しくお願い致します。


戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.