倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1117回例会  2010年5月25日(火) 12:30〜


★5月度プログラム
5月4日 (火)

休会   みどりの日

5月11日 (火) 新会員自己紹介  原田一郎 会員
5月18日 (火)

「藍綬褒章」を頂いて  中桐眞彦 会員

5月25日 (火)

“書”と私  書道家 武藤澄子 氏


★前回の記録(5月18日)
会員総数38名(内出席免除者7名)  出席者25名(内5名)
出席率69.44%

★ビジター
山形東;平野君,深瀬君,菊池君,仲野君,新関君,武田君,八鍬君
福山南;松本君,西谷君,佐々木君
倉 敷;長谷川君,虫明君
倉敷南;和田(聡)君

★会長挨拶
 皆さん、今日は。友好クラブの山形東RCより16日の日曜日に5名、昨日2名の方々に倉敷迄お越し頂き、本日は7名の方々に例会に出席頂きました。16日と17日は、歓迎会をさせて頂き、親睦を図る事が出来たと思っております。只、友好クラブは5年か10年に1回、周年行事毎に行き来するのでなく、1年置き位行き来してはという話になりました。私は大賛成ですので、今後理事会で決めたいと思います。次年度大熊会長エレクトと数名で、山形に訪問させて頂きたいと思っています。
 又、山形東RCより、お酒を3種類お土産に頂きました。感謝致します。
 ・6月15日(火)、星島ガバナー補佐が最後の訪問に来られます。

★幹事報告
山形東RCより、7名の会員の方々にお越し頂いて感謝致します。
岡山備南RCより、次年度の「合同例会」の決定  4月13日(水)18:30〜メルパルクにて

★職業奉仕委員会(奥薗)
「切らずに治せる”がん”治療」セミナーのご案内
5月26日(水) PM2:00〜4:00  岡山商工会議所1階大会議室

★スマイル(ニコニコ)
福山南RC
西谷・松本・佐々木 ;
江口会長、鷲北幹事、1年間ご苦労様でした。わざわざ、福山からやって来ました。
中島; お見舞い御礼
江口会長、鷲北幹事; 山形東RC7名(新関会長・仲野幹事・菊池副幹事・武田友好クラブ委員長・八鍬会員・深瀬パスト会長・平野名誉会員)を心から歓迎致します。
桑折; 山形からようこそお出で下さいました。楽しいひと時を共に過ごす事が出来、大変嬉しかったです。有難うございます。
会員一同; 親愛なる山形東ロータリアン7名の例会ご出席を、心から歓迎致します。貴クラブとの更なる親睦を深められるこの機会に、感謝致します。

★プログラム

”藍綬褒章”を受章されて!
<中桐眞彦 会員>
 皆様、今日は!特に、山形東RCの皆様は日曜日に遠路お出で頂きました。あの日は私も3〜4時間位美観地区を散策させて頂き、夜は美味しいお酒を頂きました。そして昨日はゴルフも楽しまれハードなご行程でお疲れの事と思います。
 私は、14日(金)、初めて皇居に参りました。目の前で陛下にお会いする事が出来ました。お土産として、写真とお菓子を頂きました。予定通り1時30分、侍従の方が大きな扉を開けられますと、陛下がお見えになられました。その後を侍従長が入られ、ご挨拶を頂きました。私にとっては一生に一度の事かも知れませんが、陛下にとったら日常茶飯事でして、本当に緊張の連続でお疲れだろうと思います。本当に穏やかで、慎ましやかな素晴らしいお方だなあという感じが致しました。
 みんな勲章を頂き、胸に付けるのですが、藍綬褒章とはランの色(藍色)で7色があります。という事は、法務省関係で受賞する者、農林省関係で受賞する者、消防庁の方から推薦を受けて受賞する者というような色分けになっているようです。当日、ホテルを出て9時に法務省へ行きました。
 法務大臣から認証状(賞状)と勲章を頂きました。4月中旬にこの賞を頂く事を岡山少年院の方から知った訳です。法務省の方から連絡がある迄公表しないようにとの事でした。28日の山陽新聞等に載せて頂いています。何故そのような賞を頂いたのか、私は只長い間刑務所や少年院へ行かせて頂いているだけなのですが、200名程受賞されたのですが、その中に4名私と同じような協会師として頂いた方がありました。四国の室戸岬の近くの方で、浅香先生という方がおられ、その方も1人でお見えでした。その方も金光教の方で有難く思いました。岡山刑務所へ行かせて頂いて20年になります。ここは刑が長い人、初犯で刑の長い人(殺人犯が9割)拘置所へ入っている人と併せると1,200名程います。職員はてんてこまいで、手が足りなくて困っておられます。平成3年6月17日、行き始めました。初めは面接をさせて貰い、金光教の教師として何か話しをさせて貰おうと、始めました。いつの間にか、私は書道だけという事になり、月に1回程行きます。上手な人と初めて筆を持つ人と極端な差があり、出来るだけ画数が少ない二文字を教えております。刑務所の中には、英語が上手い人、数学の出来る人、運動が凄く出来る人等おられます。岡山少年院は、中等少年院と申しまして、やや中身が重い少年が北九州、四国、中国5県、大阪、奈良、一番多いのが神戸方面から来る少年が多いです。最近では、法律上14歳から入れるのですが、岡山では下が15歳、上が20歳です。多い時は定員100名の所、120名いましたが、今は全国的に落ち着いて60名余りです。そこでは個人面接をしています。月に1回、数名の少年と1時間話し合いをします。それと書道を教えています。もう今35人の少年と個人面接をさせて頂いて来ましたが、その中で2人か3人「立派に更生したな」という子がいます。本当に嬉しく有難く思います。
  これからも、体の続く限り頑張らせて頂こうと思っています。


※ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)

 年齢14歳から18歳まで、並びに年齢19歳から30歳までの若い人の為の構成プログラムである。
年齢により二つのグループとした目的は、多様なニーズと成長過程に対応出来るようにする為である。地区内の若い人々とロータリアンが参加する地区プロジェクトであり、若い人々の指導者及び善良な市民としての資質を伸ばすことを目的としている。通常はRYLAと略称。

<目的> 1)ロータリーが青少年を尊重し、且つ、青少年に関心を抱いていることを一層に明らかにすること。
2)選考した青少年指導者及びその素質のある人に実地訓練を体験させ、責任ある有能なボランティア青少年指導者となる方法を身につけるよう激励、援助すること。
3)青少年による、青少年への絶えざる、力強い指導を奨励すること。
4)青少年指導者として地域社会に尽くしている、多数の青少年の優れた資質を公に表彰すること。

★近郊RC例会変更
倉敷中央 5月24日(月)→同日18:30〜移動例会(旅館 くらしき)
6月14日(月)→同日18:30〜新旧引継例会
6月28日(月)→定款第6条第1節により取り止め

戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.