倉敷瀬戸内ロータリークラブ
倉敷瀬戸内ロータリークラブ事務所
〒710-0803 岡山県倉敷市中島267-1 小野ビル2F北
TEL 086-466-3959 / FAX 086-466-3969
メニューバー横 会長挨拶 クラブ概要 週報 活動写真 行事予定 会員名簿 委員会構成 メニューバー横
週報


 第1115回例会  2010年5月11日(火) 12:30〜


★5月度プログラム
5月4日 (火)

休会

5月11日 (火) 新会員自己紹介  原田一郎会員
5月18日 (火)

「賞」を頂いて!  中桐眞彦会員

5月25日 (火)

書と私  中桐会員紹介


★前回の記録(4月27日)
会員総数38名(内出席免除者7名)  出席者25名(内5名)
出席率69.44%  Make-up後出席率89.47%

★ビジター
なし

★会長挨拶
 皆さん、今日は!今年は非常に気候変動が酷く、今日も台風並みの天候ですが、5月になれば暖かくなるそうですので、体調には気をつけて頂きたいと思います。
 今日は、嬉しい報告があります。中桐会員が春の叙勲賞を頂かれに、5月14日、皇居へ叙勲式に行かれるそうです。本当に、おめでとうございます。

★会長報告
ガバナー事務所より、RYLAのご案内が参っております。6月6日(日)松江に於いて開催。
守田委員長にお願いしたいと思います。

★幹事報告
ガバナー事務所より、6月にカナダのモントリオールで開催されます国際大会への、登録人数の問い合わせが参っております。
例会終了後、「パスト会長会議」を開催致しますので、関係者の方はお残り下さい。

★スマイル(ニコニコ)
大島; 新事務所が完成し、4月26日より業務を開始しています。お近くへお越しの節は、お立寄り下さい。

★プログラム

「地区協議会」報告
<小野寛治次期職業奉仕委員長>
 4月11日、「地区協議会」へコンベンションセンターへ行って勉強して参りました。職業奉仕部門という事で、@四つのテストの活用についての工夫……月1回例会で唱和している。奉仕の理念の中で、自分の会社を潰さないように頑張っていく。A10月の職業奉仕月間の計画……職場訪問等。各自の会社の理念を書いて頂く。というのもありました。職場に行って、それを週報にしたというクラブもありました。B職業の品質を高める工夫と努力の実例……清掃奉仕。言葉の使い方、ロータリーの出前講座、地域の方の卓話等々、品質を高めていくように一年間頑張って参りたいと思います。宜しくお願い致します。
<山田斉R財団委員長>
 私は、地区協議会の前に2回会議に出ており、今回で3回目です。去年の11月28日に「財団研修会」今年の2月22日に「地区夢計画合同セミナー」今度の「地区協議会」です。いい機会ですので「R財団の夢計画」を簡単に説明させて頂きます。2013年より、今の補助金制度が変わります。
  延原パストガバナーが言われるのには、今のR財団は非常に非効率になっているそうです。
  事業費より事務費が大きくなっている。以前からお金ばかり集めて、いったい何をやっているんだ。という批判の声があがっていたようです。これを効率的にすると、地域のニーズに直ちに応えられるようにするという事を目的にしたいと言われています。今迄R財団が行っていた業務を全部地区に下ろす、という事だそうです。延原パストガバナーの言葉では「地区に丸投げされてしまう。地区はこれから非常に大変な事になる」と言われていました。来期の事業を前年度迄に全部事業計画を作って、地区補助金の申請を前年度迄に地区に出さないと駄目です。地区の方で検討委員会があって決定するそうです。来年度に限り、8月1日から2月28日までの事業に適用します。だから桜の植樹は出せませんでした。今回は会長エレクトさんと、副幹事さんと相談して「安全ベスト寄贈」にし、申請書を出しました。出を簡単にして、非常に使い易いようにし、後から報告、監査をしっかりするとおっしゃっていました。今年は申請を3月20日迄にメールで地区の方へ送り、地区で添削して貰い戻って来ます。最終的に正式な書類を4月20日迄に提出しないと駄目という事で非常に慌しくて、恐らく来年度もこのようになると思います。2013年度から開始と申しましたが、当2690地区は、パイロット地区として選ばれて3年間試験運用を行います。R財団未来の夢計画(試験段階)という事になっています。世界で100地区、日本で6地区、第3ゾーンで3地区選ばれて試験運用の中に選ばれたそうです。今迄「地区補助金」と言っていたのが「新地区補助金」に変わります。
  これはクラブが使う、地区で使う場合は「グローバル補助金」。今迄は、プログラムとしては「教育的プログラム」「人道的プログラム」「ポリオプラス」の3つがあります。
  地区補助金は、基本的には人道的プログラムにしか使えなかったです。教育的プログラムと人道的プログラムがなくなって、全部新地区補助金に統一されます。という事は、今迄人道的プログラムにしか使えなかった地区補助金が、教育的プログラムにも使えるようになるという事です。新地区補助金(DG)は、50%以上が自己資金です。最低10万円から最高50万円迄認められます。という事は事業としては20万円以上の事業をしないと駄目という事です。上はいくらの事業をやってもいいのですが、50万円迄しか出ないという事です。これからは、やった後始末も大変な事になります。プロジェクトの収支の管理、会計明細書、領収書、これを地区でしっかり管理すると同時に各クラブでもしっかり管理(銀行口座も別にして)して、全てクリアにしてほしいそうです。本部から監査が地区に入って来るそうですが、もしかしたら補助金返納するという危険性もあるそうです。しかし、監査に来る相手の方は、だいたい日本語が喋れないので写真が非常に大事になってきます。
  写真も必ずロータリーのタスキ、マーク等必ず入れて欲しいそうです。例えば100人集まったという事業には、必ず100人写真に収めて下さい。新聞等の切り抜きも監査の時には非常に有効だろうという事です。補助金を使った場合は、アクターホロをしっかりして下さい。持続的に活用されているか、どのように役立っているかきっちりとして下さい。マスコミを通じてPRして下さい。
  今迄、財団委員会はお金を集めるのが主だったのですが、これからは使う方にも関与して下さい。
  各奉仕委員長さんと連絡を密に取って、クラブ事業の企画運営にまでタッチしてほしいとおっしゃっていました。これから事業を始めようと思ったら、補助金の事を頭に入れて相談してみて下さい。
  事業計画の前倒しという事ですが、来年度の事業が3月20日迄に地区迄送らなければならず、これから新しい大きいプロジェクトをやろうという場合は、奉仕委員長を12月頃決めておりこの時決めていたのでは、もしかしたら遅いかもしれないそうです。これからは色んな事を決めるのが少しずつ前倒しになっていくかもしれないとおっしゃっていました。当地区では慢性腎臓病(CKD)について何か事業をしたいと言われていました。、
  大熊会長エレクトも言われていましたが、「ロータリーカード」は是非共全員入って頂いて、全国でトップ10に入るのを目標にしたいと言われていました。宜しく、お願い致します。


★近郊RC例会変更
津山西 5月26日(水)→パートナー同伴親睦旅行
津山中央 5月27日(木)→夜間例会
備  前 6月18日(金)→夜間例会
赤  磐 6月29日(火)→26日(土)〜年度末慰労例会
総社吉備路 6月29日(火)→夜間例会


戻る


四つのテスト

 
真実かどうか  みんなに公平か  好意と友情を深めるか  みんなのためになるかどうか

HOME|リンク|ご意見・ご質問|
(C)2009 Rotary Club of Kurashiki Setouchi All rights reserved.